全記事一覧はこちら

草生えるけど笑えない!外構の悩み、砂利から生えてくる緑の悪魔

どうも、共働き夫婦です。

本日はスマホ投稿になります。

日が長くなり、気温も暖かく、適度に雨も降り、過ごしやすい時期が増えてきましたね!

・・・雑草にとって、ね。

もう本当に頭にきます。

芝生の隙間はもちろん、

防草シートで覆われた砂利の隙間からも・・・

そんなヤツらに声を大にして言いたい

おめーの席ねぇから!

と。

でね、

色々調べてみたわけです。

何をって?

雑草の名前とか笑

あと、もう我が家は後の祭りだけど

防草シートの耐用年数について。

雑草の名前とかはアレね。

まず己の敵を知れって言うじゃない?

で、

写真付きで雑草の生態から解説しても良いんだけど

恐らく皆そんなに興味無いよね?

だから、倒し方だけ解説するよ。

RPGで言うところの攻略法ね。

それと防草シートの性能とか雑草が生えてこない為の予防策を解説するよ。

じゃあ本文スタート!

雑草予防策

主にこれから家・庭を作る方に向けての解説をしていくよ。

完全に舗装して固める

雑草が生えないようにするにはいくつか方法があるんだけど、

確実な方法はコンクリート・アスファルトで完全舗装する事だけ。

もちろん10年以上経過すると劣化もあるかもしれないけどね。

デメリットは

やや高額になってしまうこと。

そして。

夏場に照り返しで熱くなりやすいこと。

防草シート

防草シートを敷くというのは、砂利を敷いた時に有効な方法。

防草シートは

無いよりあった方が全然良い

完全な予防策ではない点に注意!

あとは、

製品ごとに耐用年数があるとの事

しかも、3年から15年という幅の広さ!

ちなみに、15年もつというのは

ザバーン

というらしい!

うちもこの記事を書くにあたって

初めて知ったこと

だから当然

うちの庭の防草シートが何かは知らない・・・

耐用年数もどれくらいか分からない・・・

あまりに草ボーボーになったら防草シートの張替えもしなきゃ行けないらしい・・・

ちなみに防草シートは熱に弱いようで、

BBQや花火の火がちょっとついただけでも穴があくそうです(._.”Ⅱ)

砂利を厚く撒く

外構屋さんの話、

砂利は5cm以上撒くと

草が生えにくくなるらしい!

らしい、なので確かめた訳では無いよ。

自己責任でお願いします笑

芝生、グランドカバープランツ

草同士で生存競争をさせるというもの

弱肉強食の世界だ

ただし、雑草は強者である

芝生やグランドカバープランツに人間のコテ入れがなければ、いずれ雑草天国になるのは目に見えている

それに、

植物は生き物・・・

生き物を育てるのは結構手間なので、注意されたし!

雑草が生えた時の対処法

じゃあ、次は

頑張っても雑草が生えてしまった時の対策

雑草の倒し方は2つだけ

シンプルだ

根っこから引き抜くか

除草剤で枯らすか

これしかない。、

根絶やしにしろ!

まずは引っこ抜く方法。

この方法が取れるのは1年生雑草に対してだ。

オヒシバメヒシバ などがこれに当たる

これらは根こそぎ抜ける

こんな道具を使って根絶やしにせよ!

そんなに高くない、百均にも売っているぞ

毒を撒け!

根こそぎ抜けないタイプには毒だ

毒と言っても、人体に優しい除草剤がある

それを買ってみてくれ

フマキラーのオレンジパワーも言うのが即効性があって良いようだ

話を戻す

根っこが抜けないタイプよ雑草は、

多年生植物と言って

根が深い、地下で繋がっているものだ

このタイプは掘り起こすのも大変なので、

除草剤で駆除するのが良いだろう

多年生植物はコイツらだ!

オニアザミ、タンポポ、スギナ(つくし)

以上で今回の記事はおしまい

雑草は放っておいても枯れない

早めに対処するに限る

今週末は腰を据えて雑草駆除するとしよう!

それじゃあねー!!