全記事一覧はこちら

ヘーベルハウス50周年記念の新商品『ラティウスRD』を詳しく解説

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨

今回はヘーベルハウス50周年記念の新商品ラティウスRDの特徴について解説します

るんばー
るんばー

お品書きは“記事のポイントになっています。

お時間の無い方は読みたい見出しをクリックで時短できます。


ヨムオ
ヨムオ

出ました、待望の新商品!

ヘーベリアンにとっては革命的なモデル

カミサン
カミサン

その名も『RATIUS | RD』だね

るんばー
るんばー

何やら興奮の様子・・・

ところで・・・

実に1年ぶりの新記事ですよね

s9
s9

ますは

おさぼりしていた釈明会見をすべきでは??

ヨムオ
ヨムオ

読者の皆様、長い間放置してしまいまことに申し訳ございませんでした・・・


ヘーベルハウスの新商品『ラティウスRD』とは

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨
ヘーベルハウス50周年モデル ラティウスRD
こんな人にオススメ!

☑地震に強い家を建てたい

☑ヘーベルハウスに興味がある

☑コスパの良い重量鉄骨の家を建てたい

これまでのヘーベルハウス躯体とは?

見出し下 疑問に思うゴリラ
  • 軽量鉄骨 ハイパワード制振ALC構造
  • 重量鉄骨 重鉄制振システムラーメン構造 

ヘーベルハウスは鉄骨構造のみのハウスメーカーとなります。

こまかな仕様の違いはあるものの、製品としては大きく2つ!

軽量鉄骨の『ハイパワード制振ALC構造』、重量鉄骨の『重鉄制振システムラーメン構造』

に分けられます。

ヨムオ
ヨムオ

一般的には厚さ6mm以上の鋼材を使ったものを“重量鉄骨”といいます

s9
s9

今回の新商品も重量鉄骨なのですよね?

“革命的”というのは言い過ぎでは??

ヨムオ
ヨムオ

これまでの重量鉄骨モデルは高層建築に使われるような太さの柱だから

2階建てに使うにはオーバースペックが過ぎるんだよね

s9
s9

と、オーバースペックな2階建てヘーベルを建てた施主が申しております

各種躯体の特徴

見出し下 発見する女の子
製品名制振構造メリットデメリット採用要件
軽量鉄骨CUBIC
新大地
ほか
ブレース(筋交い)構造品質の安定した鉄骨一定間隔に筋交いと柱がある平屋、2階建て
重量鉄骨FREXラーメン(額縁)構造ブレース不要で大空間を作れる高コストになりやすい
平屋や60坪未満ではオーバースペック
3階建て以上
新商品RATIUS | RDラーメン+ブレースコストを抑えた重量鉄骨
大空間をつくれる
40坪未満ではオーバースペック平屋、2階建て

これまでの製品では平屋や2階建てに対して重量鉄骨構造はオーバースペックでした。

我が家は2階建て重量鉄骨を選びましたが、当時はFREX Axiiiというプランはありませんでした。

なので、オプションとして2階建てにはオーバースペックであるFREXを選ばざるを得なかったんですよね・・・

冒頭のやり取りのように『ヘーベリアン垂涎の新商品』というのは誇張でも何でもありません。

これから家づくりをされる方、ラティウスRDは絶対に検討すべきプランですよ!

ラティウスRDを採用すると得する人

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨
ヘーベルハウス50周年モデル ラティウスRD

とは言ったものの、どんな人にもラティウスRDが絶対にオススメ、というわけではありません。

まずはスペックを見てみましょう。

ラティウスRDと従来商品の耐震スペック比較

柱の厚み柱の耐久力梁(フランジ幅)構造制振装置
軽量鉄骨3.2㎜約10t100㎜ブレース構造ハイパワードクロス(筋交い)
重量鉄骨9㎜約79-100t125㎜システムラーメン構造サイレス(オイルダンパー)
新商品6㎜約56t125㎜デュアルテックラーメン構造アダプティブジョイント
フレキシブルジョイント

柱の耐久力については概ね軽量鉄骨と重量鉄骨の間ぐらいと思ってよさそうですね。

耐久の数字をみると“平屋や2階建てに重量鉄骨にはオーバースペック”というのは良くわかりますよね・・・

ちなみに制振装置についても重量鉄骨のサイレスは高コストかつオーバースペックとなります。

そのため、軽量鉄骨の筋交いにアダプティブジョイントとフレキシブルジョイントを合わせた構造となりコストを抑えつつ高いパフォーマンスを実現しています。

重量鉄骨を生かせる家づくりの条件

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨

では重量鉄骨を選ぶと得する家づくりの条件とは何かを考えていきたいと思います。

ヘーベルハウスの営業担当いわく

一定以上の建坪が無いと重量鉄骨は割高かつ大空間を生かせない

という事でした。

というのも、重量鉄骨最大のメリットは筋交いと柱を除したことで可能な大空間です。

これまでの重量鉄骨よりもコスパが良いとはいえ

やはり30坪前後の建坪の2階建てにおいてはオーバースペック感は否めないようです。

そういった意味でも40-60坪前後の2階建てあるいは平屋がラティウスRDを生かせる適正範囲と言えます。

例えば郊外において土地を大きめに入手できる方にとっては極めて有効な選択肢となりうる新商品ができましたね。

以下にラティウスRDをオススメできる方の条件をお示しします。

  • 建坪が一定以上に大きい
  • 大きな窓をつけたい
  • 重量鉄骨限定仕様の設備をつけたい

ラティウスRDと合わせてオススメの仕様

軽量鉄骨では選べなかった重量鉄骨限定の設備を紹介します。

開放的な大空間の家に住みたいという方は参考にしてみてください。

気になる設備は関連記事をチェックしてみてください

ビスタウインドウ・フォールディングウインドウ

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨
左:ビスタウインドウ 右:フォールディングウインドウ
フォールディングウインドウを有効利用|絶対つけておきたいへーベルハウス6つの仕様

2.7メートル庇・スカイウォール

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨
庇というよりもはや天井
へーベルハウスの深い軒|軒の役割・注意点・工夫に関する12の考察 新居にハンモックが欲しい!ヘーベルハウスの軒天フックを使った設置方法

2階建てダウンフロア

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨
大空間の広がりをさらに強調できるダウンフロア
スキップフロア・ダウンフロアのメリットとデメリット|床へーベルが無くなった感想は?

新色:グレイッシュストーン

ラティウスRD ヘーベルハウス 新商品 重量鉄骨
クールで無骨なヘーベルにピッタリの外壁塗装

マグマが冷え固まることで生まれる高い硬度と美しさから、古来、建材として親しまれてきた花崗岩。その荒々しい自然美を、ラバーフレックという砂利や砂を含んだ特殊な吹付材でリアルに再現。堅牢で重厚な佇まいを演出します。

へーベルハウスの外壁選び(目地・吹付・色)で迷ったら読んでください

『ヘーベルハウス50周年記念の新商品『ラティウスRD』を詳しく解説』のまとめ

  • 50周年記念の新重量鉄骨モデルを解説
  • 新商品はこれまでの重量鉄骨と軽量鉄骨モデルの良いところどり
  • 40-60坪の大きな家を建てたい方には特にオススメ

目次再表示

ヨムオ
ヨムオ

お読みいただきありがとうございました

カミサン
カミサン

ご質問がありましたらtwitterinstagramにお気軽にどうぞ

s9
s9

告知です、ブログ村に参加中です、応援よろしくなのです

るんばー
るんばー

↓↓のるんばーおでこボタンを押していただけますと励みになります!