入居前やることリスト!新居を快適・綺麗に保つ36の準備

入居前 やること リスト

引渡し前に知りたかった Instagramで流行っている『入居前やることリスト』を作ってみました。我が家で実践したこと、絶対にやったほうが良いこと、それ要らないんじゃない?って事も独断と偏見で解説しています。

こんな人にオススメ!

☑入居・引渡し秒読み段階の人

☑新居を長く綺麗に使いたい人

☑着工に入り余裕が出てきた人

☑初めて引っ越しをする人

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ヨムオ テンプレ-コピー-コピー-2.png
ヨムオ

 Instagramで【#入居前にやること】と検索すると1000件以上ヒットするタグがあるんだけど、この内容が役立つんだよなぁ!

 我が家も入居前に知っておきたかった・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae1.png
カミサン

 へぇー、こんなテクニックがあるんだ!!

 これは確かに入居前に知っておきたかったね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819.jpg
るんばー

 今回はご主人たちのように情報弱者となって損をしないために知っておきたい入居前にやるべきリストをシェアいたします。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/hiyoko-W-shock.jpg
共働き夫婦

 (情報弱者って・・・辛辣すぎる・・・)

新居で入居前にやることは大きく5つある

  1. 換気・湿気対策
  2. 水まわり対策
  3. 養生と掃除
  4. 整理整頓
  5. 害虫・害獣対策

換気・湿気対策

換気・湿気対策は新居とは切り離せない問題ですね。

せっかくの新居がカビだらけなんて泣けてきます。

我が家はリフォームしたての賃貸に住んでいた時にカビが酷かった体験から防カビ対策にはシビアになっています。

水回り対策

水回りも住み始めると同時に準備しておきたいですね。

特に排水溝の汚れなどは対策をしておくことで汚れにくい環境にすることができるのでメンテナンスのかける労力を少なくするメリットがあります。

養生と掃除

家の中には汚れのたまりやすい場所・掃除しにくい場所というのが必ずあります。

そういった場所をしっかりと保護しておくと大掃除の際に楽になったり、頻回に掃除をしなくてもよくなったりというメリットがあります。

整理整頓

掃除を楽にしたかったら汚れないようにすること、汚れないようにするには整理しておくことが大事ですよね。

入居前から収納関連を整えておくと住みやすい汚れない家になります。

害虫・害獣対策

人がいるいないにかかわらず様々な生き物が家の周りには生息しています。

彼らなりに生きているので、命を奪うよりは侵入させないほうが良いですよね。

なので侵入経路をふさぐ方法をご紹介します。

リストの注意事項

☑5つの項目から考えた入居前にしておきたいTO DOリスト

☑1万字オーバーの特大ボリュームです。

☑リストは引渡し前と引っ越し前で2ページに分けました。

☑リストの項目は必要度4段階◎◎/◎/〇/△で評価しました。

(◎◎絶対やるべし ◎おすすめ  〇やって損なし △要注意)

☑新居への引っ越しを考えている皆さんの参考になりますと幸いです。

入居前(できれば内覧会の時)にしておきたい13のこと

引き渡し前から、例えば点検・内覧会の時に可能であればやっておきたいことです。

人が汚すのを防ぐというより、家自体を自然から養生するという意味あいの強い事ですね。ハウスメーカー側の許可があれば可能ですので相談してみてください。

  1. 入居前写真撮影◎◎
  2. 棚の採寸◎
  3. 洗濯パンの設置◎
  4. 食洗機の乾燥◎
  5. 玄関の湿気とり〇
  6. 玄関の匂い対策〇
  7. 凹み防止マット△
  8. ドレンキャップ◎
  9. コンクリート撥水◎
  10. 鳥避け〇
  11. ゴキブリ避け◎
  12. ムカデ避け◎
  13. 蟻よけ◎

入居前写真撮影◎◎

SNSやブログをされている方なら写真は撮るはずですね?

僕たちは当時ブログを始める気が全くなくて、それほど熱心に写真を残していませんでした。

引渡し前点検が、まっさら何もない家の記録を残せる最後のチャンスです。

点検写真と一緒に様々な場所を撮っておきましょう。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2-コピー.png
ヨムオ

 今になって大後悔!

 あぁ、あの時撮っておけば・・・ってアナタもなるかもしれません。

棚の採寸◎

自分でサイズなど綿密に計画した棚でも、着工をはさむとすっかり忘れているものです。

入居後にすみやかに収納を活用したい方は、予め棚のサイズに見あった収納ケースを見繕っておきましょう。

我が家は無印で脱衣所収納を作りましたが、完成まで実に半年を要しました。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

 住み始めると他のことが気になってなかなか収納に手が回らないんだよ・・・

【脱衣所収納】
パノラマ写真で
最上段は未完成

〇脱衣所収納を詳しく見たい方はこちら

脱衣所収納web内覧会|注文住宅で後悔しない収納設計のコツとは?

洗濯パン(洗濯機置き台)の設置◎

洗濯機置き場の問題は打ち合わせの段階で無事に解決できていますか?

もし洗濯パンを置かない時は、洗濯機は直置きになりますよ。後述するクッションフロアの凹み対策が必要です。

洗濯機置き台を置く場合は、家電が搬入される前に購入&設置しておきたいですね。

〇洗濯機置き場問題、オススメ解決策はこちら

洗濯パンは不要?本当に使いやすい洗濯機の置き方を解説

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

 洗濯機置き場は掃除しにくい場所の代表選手です。

 掃除のしやすさを考えるなら、洗濯パンや置き台は十分高さを稼げるタイプを選びたいですね。

食洗器の乾燥◎

食洗器を設置したご家庭であれば試験運転を行うのが一般的です。排水の問題がないかをチェックするためですね。水道やトイレの排水点検と同じことです。

引渡し前に試験運転していないのは危険です。忘れず行いましょう。

内覧会から引渡しまでは1-2週間あくのが普通ですね。

その間ずっと水浸しのまま食洗器の扉を閉めっぱなしにしておくのは抵抗があります。食物のカスがないのでカビや腐敗の問題はないはずですが、何となくイヤですよね?

扉を開けておくか、食洗器の庫内乾燥機能を使っておきましょう。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2-コピー.png
ヨムオ

 引渡しから引っ越しまでに間が空くなら庫内の乾燥は必須です。我が家は試験運転後2か月間放置してました・・・

 内部のにおいなどは気になりませんでしたが、気分的には最悪でしたね。

玄関の湿気とり◎

我が家は北側玄関ということもあるのかもしれませんが、家の中で玄関の湿気は多いです。

加えて新しい住宅は壁紙などの糊、建材からの水分が多いのでハウスメーカーから入居から2.3年は除湿&換気の徹底勧められました。

また、以前の住居では靴にカビが生えてしまったので、今はパナソニックのハイブリッド除湿機を使っています。

内覧会の時には使い捨ての除湿剤を置いておくのも良いかもしれません。

〇玄関・靴のカビ予防のためのハイブリッド除湿器はこちら

除湿器ハイブリッド除湿器が大活躍!|新築がカビやすい理由と場所、対処法とは
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

 クローゼットなど収納の除湿にもオススメ、洗濯物の室内干し&乾燥もこなします。

 ルンバの次に役立つ家電ですね。

玄関の匂い対策〇

知ってますか?

シューズクローク、とくにウォークスルータイプって意外と匂うんです。

靴箱のように蓋をしないのが一因でしょうか?

そんなわけで、はやりのシューズクロークを設置されたご家庭には、この備長炭シートがオススメです。

すでにInstagramでは多くの方が入居と同時にこのシートを使っています。

シューズクローク内の棚に敷くことで、靴の嫌な匂いを丸ごと吸着してくれるそうです。

なんと除湿効果も期待できるそうです。

ハイブリッド除湿器と合わせることで靴の防カビ効果は鬼に金棒ですね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2-コピー.png
ヨムオ

 まだ実践はしてませんが、すみやかにやります。てゆーか本当に入居前に知りたかった!!

凹み防止マット△

柔らかい素材で、物を落としても傷が付きにくく、ワックスがけなどのメンテナンスが要らないクッションフロアにも弱点はあります。

ベッド、ソファ、冷蔵庫などの重たいもので跡が残ってしまう事があります。

凹み防止マットを敷くことで凹み跡を予防出来ます。が、クッションフロア出なければ不要かと思います。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/07/bae-コピー-3-1.png
カミサン

 凹み防止マット、賃貸のクッションフロアでは必須だね。

 注文住宅の床には必須ではないので△だよ。

ドレンキャップ◎

ドレンキャップとはエアコン室外機の配管(ドレン)を塞ぐキャップの事で、目的はG1)黒光りするアレ。かつては北海道には生息しないとされていたが、温暖化の影響、繁華街の増加で生息域が拡大しつつある。一般的に低緯度地域のほうが大きい傾向がある。1匹見たら30匹いると思え!というくらい繁殖力・生命力が高い。世間でGといえばチャバネGのことを指す。の侵入を防ぐことです。

なぜ住む前から必要なのかというと、冬場に暖を求めたGがドレンを通って屋内に侵入することがあるというからです。

恐ろしいですね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

 想像しただけで鳥肌が!!

 このことを知って秒で注文したよ・・・

コンクリート撥水◎

外構工事で駐車場の床面などをコンクリート敷にしたご家庭では考慮しても良い、というかしておきたい事ですね。

半年住んで実感したことですが、コンクリートは水に濡れるとシミが出来やすいんですよね。あと黒ずみもできます。

引渡しと同時にやっておけば良かったと後悔しています。

コンクリート撥水については様々な種類がありますが、家庭用として以下の商品をオススメ致します。

〇コンクリートの汚れ予防に撥水アクアシールS200

アクアシールの使い方については↑↑のサイトが詳しく解説されています。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

 ご主人たちはまずケルヒャーで掃除してからですね。

鳥避け〇

屋上にハト、軒下にツバメが巣を作りに来ることがあります。

我が家でもしばしば彼らとの縄張り争いがありました。

一旦巣を作られると鳥獣保護法にて駆除出来ない上に糞害が酷いので何らかの対策を講じておきましょう。

ただし家の形・居住区によっては鳥問題は考えなくてよい場合もあります。

〇我が家の鳥問題と対応策についてはこちら

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ヨムオ テンプレ-コピー-コピー-2.png
ヨムオ

 鳥との縄張り争いはこれからもずっと続きそうだなぁ

 多分来年もツバメがやってくるよねぇ

ハト新築で困った庭先のハトフン問題|解決法はシンプルがベスト?ツバメの巣うれし、かなし、ツバメの巣作り|へーベルハウスの軒下はツバメに好かれやすいかもしれない話【ツバメ再来】新築だから巣作りを阻止したい人に伝えたいシンプルな対策法

G避け◎

いくつかオススメできるものがありますが、小さいお子さんがイタズラしないというご家庭なら置き型独餌罠が有効です。

いまIntagramで火がついて購入数No.1なのはブラックキャップという罠タイプのG避けです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

 でもこれってGが家の中で死ぬってことだよね、新居なのにやだなぁ・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-1.png
ヨムオ

 そうだね、そう思う人も多いみたい。

 だから、こんな商品も出ているよ。

さっそく使ってますが、【出なくなる系】の薬は効果があるかどうか長期間見ていかないとわからないですね・・・

今のところは見かけていないので一安心なのかな??

アリ避け◎

シロアリではなくクロアリとかアカアリです。

庭が土の場合、夏場には高確率でアリの巣が形成されます。

そうなると、時に屋内に侵入してくるので、アリの巣避けの薬を撒いてバリケードを作っておきたいですね。

ムカデ忌避剤と兼用のものを使うと楽ですよ。

ムカデ避け◎

周りに土がなくてもムカデはやって来ます。

特に田舎であればかなり高確率で来ます。

これまで賃貸で何度か侵入されていますが、血の気が引きますし、退治するにも精神を削られます。

ムカデ忌避剤(アリと兼用可)を撒いて侵入を防止しましょう。

〇うちで使っているムカデ・アリ忌避剤

これを家の周囲にまいておくと、そのラインを越えて害虫が侵入してくるリスクを下がります。1回まくと数か月有効です。

600gの容量ですが、だいた1回の散布で使い切る感じですね。

フマキラーの利点
  • 雨・水で流れにくい
  • キク由来の天然殺虫成分
  • 外来種にも有効
  • 殺虫効果だけでなくバリケード効果もある

〇後半に続きます☞☞☞

続きは入居(引渡し後すぐ)にしておきたい23の事です。

References   [ + ]

1.黒光りするアレ。かつては北海道には生息しないとされていたが、温暖化の影響、繁華街の増加で生息域が拡大しつつある。一般的に低緯度地域のほうが大きい傾向がある。1匹見たら30匹いると思え!というくらい繁殖力・生命力が高い。世間でGといえばチャバネGのことを指す。