全記事一覧はこちら

ヘーベル VS 一条工務店!性能・デザイン・総合力を15項目で比較してみた

一条工務店 へーベルハウス 比較 

総合力5項目の比較

最後に総合力に関する比較結果を考察します。

でも、この総合力って何ですかね?

書いていて思ったんですが、総合力って、施主である我々が『総合力あるんじゃね?』って思っただけの主観だったりします。

もちろん具体的な数値はあるのですが、その捉え方が人それぞれ違うんですよね。

ここから先は読んでみて共感できたところだけ参考にしてみてください。『あぁ自分はこの考え方と逆だなぁ』と思ったら、それが読者様の正解だと思います。

もう一度いいます。

ハウスメーカー・工務店の総合力は、我々施主から見て『総合力があるなぁ』と感じた主観です。

でも、その主観が生まれなければ大事な家づくりのパートナーには選べないんじゃなかなと思います。

ブランド力

まずはブランド力ですね。

一昔前であれば大手ハウスメーカーの一角を担うへーベルハウスの圧勝でしたが、いまは注文住宅受注件数1位に迫る一条工務店です。

それだけの需要がある以上は、大手ハウスメーカー同様の認知度を有していてもおかしくありませんね。

なので、ブランド力に関しては引き分けとさせていただきました。

細かく言いだすと男性・女性への影響力も違いますし、世代によっても違ってきますから、あまり議論する必要もなく、施主様自身の好みで良いのかなと思います。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/7-1.jpg
るんばー

認知度とブランド力は微妙に違うという意見もあるかと思いますが、この記事ではこれ以上言及はいたしません。

細かく定義すると一記事分の内容になってしまいますし、記事の本質がずれてしまいますからね。

土地探し力

住宅支給会社の中には分譲地の確保に力を入れている、あるいは得意であるメーカーが存在します。

住友林業のように財閥系で不動産部門があるメーカー、地場不動産と提携して分譲地を確保している地元工務店、あるいは一条工務店やセキスイハイムのように家の規格がある程度決められていて分譲地の広さに大きなばらつきが出ないタイプのハウスメーカー・工務店です。

ヘーベルハウスは旭化成系列、技術屋さんであり不動産に特別強いわけではありません。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ヨムオ テンプレ-コピー-コピー-2.png
ヨムオ

なので我が家は仮契約前にへーベル営業さんと一緒に土地見学をしたものです。

したがって土地探し力は、最初から分譲地を保有している一条工務店の圧勝です。

坪単価

現状、坪単価が安いのは一条工務店です。

アイスマートでは65万円台というブログ記事が多いようです。

へーベルハウスの場合、2階建て軽量鉄骨CUBICの坪単価は70-80万円台といわれています。

へーベルハウスは設計自由度と外観・内装デザインの自由度から容易に坪単価平均を越える事が可能です(なんかメリットのように書いてしまいましたが・・・)。

一方で坪単価のばらつきが少ないのは一条工務店でしょう(オプションや特注が選びにくいため)。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

坪単価が安くて、坪単価のばらつきが少ないのは一条工務店という事になるから、一条工務店の勝利だね。

アフターメンテナンス

アフターサービスやメンテナンスは、人によっては不要という方もいますよね。

仮に齢が50代であれば30年も長い保証は要らないという考えも理解できると思います。

ですが、ここはあくまで施主である僕ら(30代共働き夫婦)を基準に考えます。

年齢でいえば30代、やはり30年以上の長期保証が欲しいところですよね。

そして共働きである以上は、あまり家にいる時間もないのでメンテナンスはフリーもしくはお任せでやって欲しいと考えています。

リフォーム業者をイチから探して評判を探って…なんて時間がもったいないと感じます。

勿論真逆んぼ価値観をもつ人もいると思いますので一個人の意見として参考程度にしてください。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/名称未設定のデザイン-8.jpg

ご主人たちの価値観に照らせば、長期保証は必要だし、アフターメンテナンスもハウスメーカーに一元化した方が安心!となります。

したがって、一条工務店の10年保証よりも、ヘーベルハウスの30年保証+集中メンテナンスが優れているという判断となりました。

営業力

営業力とはもちろん、担当営業の個人的な人柄を指すこともあります。

ですが、もっと根本的なことは、住宅供給会社としての理念が顧客満足度につながる事を目的としているかという点にあると思います。

個人の営業力が、利益追求だけに終始するのではなく、顧客を満足させるためにも費やされているかは、メーカーを信頼し家づくりをお任せする根拠となりうるのではないでしょうか?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-3-コピー.png

この点については、僕らの担当をしてくれら営業さん・設計士さん・ICさん・工事主任さんは勿論、各展示場にいらっしゃる営業さんの真摯な態度から十分な営業力が伝わってきました。

(お金は一切受け取っておりませんwww)

『ヘーベル VS 一条工務店!性能・デザイン・総合力を15項目で比較してみた』のまとめ

今回はハウスメーカーや工務店を比較するうえで、大事と思われる15の項目を紹介しました。

一条工務店とへーベルハウスをたたき台として比較しました。

関連記事も紹介しておきます。

〇個人ブロガー聞いた家づくりで大事にしたこと

神間取り ハウスメーカー 比較 ポイントハウスメーカー・工務店比較に使いたい15の評価ポイント|神間取り⑨

〇合わせて読みたい『ハウスメーカーゆるーく比較してみた

ヘーベルハウス VS 一条工務店|逆に長所だけで比較してみるへーベルハウス VS 積水ハウス|意外と似ている両社の違いは?へーベルハウスとセキスイハイムを比較|同じ鉄骨でも違う点は?注文住宅比較|へーベルハウスと住友林業のコンセプトは意外と似ている
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事はあくまでデモンストレーションであって、読者様が迷っている2社に当てはめて考えていただく目的に作った記事です。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae1.png
カミサン

ハウスメーカー比較のための15項目、是非試してみてね!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/2-1.jpg
るんばー

↓のバナー、るんばーのおでこボタンを押してくださると、家づくりで悩んでいる皆様にこの記事をシェアできます。