全記事一覧はこちら

ヘーベル VS 一条工務店!性能・デザイン・総合力を15項目で比較してみた

一条工務店 へーベルハウス 比較 

デザイン力5項目の比較

続いてデザイン力の比較に移ります。

プランの充実

へーベルハウスは鉄骨のみ、一条工務店は木造のみという大きな違いがあります。

実はハウスメーカーの中ではプランが多くはない両社です。

一条工務店ではハイグレードのグランセゾン、最も人気のアイ・スマートなど10のプランを採用しています。中には3階建てや平屋モデルもありますが、やはり売れ筋はアイ・スマートでしょうね。

へーベルハウスでは2階建てまでの軽量鉄骨・3階建て以上での重量鉄骨を選ぶのが基本です。そこにのき・屋上・ステップフロアなどのバリエーションを加えていくようなプランになります。

やはり売れ筋はシンプルかつ王道な2階建てCUBICか3階建てFREXを選ばれる方が多いでしょう。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko.png
ヨムオ

王道プランが人気の両社です。

ここではメインプランに加えて、アクセントプランも多様なへーベルハウスの勝利です。

設計自由度

設計自由度は一条工務店に期待はできません。

それは性能を下げない事を第一とした『一条ルール』によります。

『一条ルールの一部』を引用

・窓の下にはコンセントは設置できない

・吹き抜けは総面積の1/3以下

・ロスガードは1階に設置できない

・室内側の窓枠は白、和室の窓枠は木目のみ

・照明を設置できない壁あり

・耐力壁の細かなルール

一条工務店は注文住宅であって注文住宅ではないi-smartで行こう!

一方で、業界一の設計自由度を誇るへーベルハウスです。

〇へーベルハウスの自由な設計力についてはこちら

ハウスメーカー比較・契約前に押さえたいへーベルハウスの特徴20へーベルハウスに決めた4つの理由とブログで明かす本当のところ

この両者を比較するのはある意味で土俵が違いすぎるかもしれませんね。

設計自由度と気密・断熱性能はトレードオフの関係なので、一条工務店とへーベルハウスは対極にあるかもしれませんね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

せっかくの注文住宅だし、こんな風につくりたいという希望は最低限叶えたいかなぁ…

そういう意味でも設計自由度はへーベルハウスの勝ちです。

内装デザイン

一条工務店の展示場には数回いったことがあります。

その時に何となく感じていた“違和感”の正体がこちらです。

・階段の色がフローリングの色と合っていない

・室内の扉の色が統一される

・スリットスライダーの色が少ない

・キッチンの高さの選択使が少ない

打ち合わせで気づいた内装のデメリットejlog一条工務店家づくりブログ

一方でヘーベルハウスの内装は施主のこだわりを強く反映させられるとい う点に強みがありますね。

扉の色や形も部屋の雰囲気(カフェ・北欧・和モダン・ウッディモダン・ラグジュアリーなどなど)に合わせて選択肢が多いです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/名称未設定のデザイン-8.jpg

内装にもしっかり気を使いたい施主様にとっては重要な比較ポイントです。

展示場の雰囲気に違和感を感じるようなら、内装のカタログを読み込んでみた方が良いですね。

外観デザイン

外観デザインは性能と違って目に見えるので好き嫌いが分かれます。

一条工務店もへーベルハウスも、外観の評判が両極端になりやすいメーカーですよね?

でも、第3者から言えば、、、一条工務店だろうがへーベルハウスだろうが

『どの家も同じに見える』

だと思います。

この外観でメーカーを特定しやすいという意見は『個性が出にくい』というデメリットでもあるし、『自分から言わなくても自慢できる』というメリットでもあります。

外観に関する一条工務店施主さんの意見でなるほどと思ったのがこちら。

私は最初i-cubeを見たとき、ちょっと申し訳ないですが、もっとおしゃれな家に住みたいと思いました。センスに若干おばちゃん臭いところがあるのです。i-smartはi-cubeよりずっと良いと思いました。ただ、もう一歩、センス良くならんのか、とは思いました。

展示場を歩き回ったり、新聞に入ってくる広告をみたりすると、綺麗な家というのはたくさんあります。一方で、展示場や一条ブロガーの写真などをいくら見ても、デザインでずば抜けて気に入った!すごくいい!と思えるものはありませんでした。

一条工務店のi-smartに半年住んでみて。良いところと不満点anopara

外観に関しては五十歩百歩の両社ですが、一条工務店よりもへーベルハウスの方が外観に個性を出しやすいのではないかと思います。

それでも、一条工務店で家を建てる施主様はおそらくデザイン性と機能性をトレードオフしたのではないでしょうか。

ちなみに、へーベルハウスのような箱型外観を差別化する方法については当ブログの過去記事をご参照ください。

〇へーベルハウスの外観を差別化する方法はこちら

へーベルハウスの箱型外観を低価格でオシャレに演出するコツとは?ヘーベル 外観 ダサいヘーベルハウスの外観はダサい!←口コミ・評判が頭にくるので論破
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2.png
ヨムオ

箱型住宅が嫌いな僕をうならせるデザインを描いてくれた設計士さんは本当にすごいです!!

設備・仕様の質

一条工務店の自社設備が多いという点、社外品で選ぶにしても限られた種類の中から選ぶことしかできないといいます。

検索結果にしても『へーベルハウス』『特注』は8ページであるのに対して、『一条工務店』『特注』はわずか2ページしか表示されません。

この設備の自由度の低さも、ハウスメーカー選びでは重要な点となってくるのではないでしょうか?

へーベルハウスが標準・オプション・特注まで非常に自由な選択が可能なのは当ブログの記事でも明らかです。

〇ヘーベルの設備・仕様についてはこちら

へーベルハウスの標準仕様・有料オプション・特注|我が家の選び方へーベルハウス標準仕様は上質だが敢えて有料オプションを選んだもの
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

パナソニックのオシャレなシステムキッチンを見ちゃうと、他は残念ながら候補から外れちゃうかなぁ・・・

クリック!!次のページにすすみます。

4ページ目に移動する

続いては両社の総合力に関する考察をしていきます。