全記事一覧はこちら

ヘーベル VS 一条工務店!性能・デザイン・総合力を15項目で比較してみた

一条工務店 へーベルハウス 比較 

住宅性能5項目の比較結果を考察

まずは性能5項目に関する比較結果を考察します。

気密・断熱性能

大手ハウスメーカー・有名工務店の中で最も気密性・断熱性に力を入れている一条工務店の圧勝です。

高い気密・断熱性能はトリプルガラス分厚い断熱材が大きな役割を担っています。それゆえに後述する【一条ルール】という制約も発生するわけですが…

いずれにしても『高気密高断熱の家は過ごしやすい』というのが定説ですので、ハウスメーカー決定の上で重要な基準となりますね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko.png
ヨムオ

ヘーベルはじめ、その他大手が気密性・断熱性を蔑ろにしているわけでもないんですけどね、、、

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/3-1.jpg
るんばー

工務店系の方が高気密・高断熱の追求に特化している節はありますね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko.png
ヨムオ

確かに…

高気密高断熱、C値、Q値という数値を追うよりも、最低限必要な値は?その効果がどの程度か?を理解しておくと吉だね。

耐震性能

耐震性能に関しては鉄骨ALC構造であるヘーベルハウスに軍配が上がります。

ヘーベルハウスは鉄骨ラーメン構造と免振装置によって優れた耐震性を持ちます。

さらには軽量化されたコンクリート外壁(ALC=ヘーベル板)も建物重量を抑える効果があり、揺れに強い構造となっています。

〇ヘーベルハウスの耐震性能詳細はこちら

へーベルハウスの技術について|施主向け超簡単にまとめた用語解説集
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
ヨムオ

我が家がヘーベルハウスを選んだ一番の理由は地震が怖かったからです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/8-1.jpg
るんばー

ご主人たちのおうちに買われてるんばーはラッキーですね♪

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-コピー-1.png
ヨムオ

(揺れを感知したら真っ先に逃げ出しそうだけどなぁ、積極的に避難するルンバか…カオス…)

耐火性能

ヘーベルハウスの外壁(ヘーベル板)は極めて高い耐火性能を持ちます。

防火壁としての役割を阪神・淡路大震災で実証
阪神淡路大震災で延焼拡大を防いだヘーベルハウス

へーベルハウスの『燃えない家』に対して、一条工務店は『避難までの時間を稼げる家』をうたっています。

残念ながら木造の限界といえますね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2.png
ヨムオ

耐火性能はヘーベルハウスの圧勝です。

ヘーベルハウスの見学会では耐火実験(ガスバーナーで外壁ヘーベルの表面温度をサーモで見るやつ)は名物ですよw

その他耐久性能

その他の耐久性として、外壁の汚れにくさや防蟻機能などの耐久性能が比較ポイントとして評価できると思います。

しかしながら、耐久性能に関してはそれぞれの建材に合わせて進化しているため、両者を単純に比較することはできないため、引き分けとさせていただきます。

参考までに、一条工務店はハイドロテクト、ヘーベルはデュラ光で、外壁に光触媒による防汚性能を持たせています。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

耐久性能はメンテナンスフリーにも関わってきます。

面倒くさがりな我が家は光触媒の外壁さまさまですね。

というわけでその他の耐久性は引き分けです。

ZEH

ZEH(ゼロエネルギーハウス)については両者ともに対応しています。

ただし『家は性能』をスローガンにしてきた一条工務店に一日の長があるのではにないか?といったところ。

なにより高気密高断熱の住宅はZEHに良くマッチします。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/7-1.jpg
るんばー

ということでZEHは一条工務店の勝ちです。

異論はありませんね?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/08/memoruhiyoko-コピー-コピー-2-1.png
ヨムオ

異論なし・・・です。

クリック!!次のページにすすみます。

3ページ目に移動する

続いては両社のデザイン力に関する考察をしていきます。