風水ガン無視で家建てたら思いのほか快適で笑った

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/ひよこ めがね.png
敏腕設計士さん

家を建てられるお客様みなさんに、あらかじめお聞きしているのですが、『風水』はどの程度気にされますか?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/memoruhiyoko-1.png
ヨムオ

んーー、それなりに気にしますけど、住みやすさが第一なので・・・鬼門屋敷でなければO.K.です。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/bae.png
カミサン

まぁ・・・風水については、それほど気にはしないですね。


2週間後の本格打ち合わせ


https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/memoruhiyoko-1.png
ヨムオ

おぉ、見事に鬼門玄関だwww  確かに駐車場の場所を考えると玄関はココしかないよな、仕方ないね・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/bae.png
カミサン

うん、そうだね・・・

風水を気にする親戚はいないし、別に良いのかな?

そんなわけで鬼門玄関からスタートした我が家の間取りは、今後どんどん風水のルールをぶち破っていきました。

今回は、『風水』を期にした方が良いのか、気にしなくて良いのかを悩んでいる方に向けた、我が家のアンチ風水建築をご紹介します。

この記事をお勧めしたい人

☑風水を無視するとどうなるか気になる人

☑『風水なんて無視してオーケーだぜ!』と後押ししてほしい人

☑風水的に良い・悪いを一応知りたい人

アンチ風水な家づくり 鬼門編

風水に関する基礎知識はこの記事では触れませんが、基本的には人の行いを正すために生まれたルールなので、それなりの理屈があることもあります1)風水の生まれた時代においてはという限定的な話です・・・そのまま現代に当てはまるわけが無いというのが僕の風水を重視しない根拠となります

その理屈を紹介しながら、『現代では当てはまらないね、ハイ論破 』 という流れでどんどん紹介してまいります。

鬼門玄関

我が家は北東に玄関がありますので、紛れもない鬼門玄関です。

それにしても、なんて物々しい響きでしょうか?

これだけで気の弱い人は病気になりそうですね。

なので神様玄関と呼びましょう。

理屈は以下の通りです。

鬼門とはあの世とこの世を繋ぐ霊道、神の通り道とされています。

昔の往来はいまのような舗装など無い、雨が降ればぬかるみ、日が照れば土ボコリまみれの汚い道でした。

そんな汚い道を歩いた泥だらけの履物を置いておく玄関を、神様の道・鬼門の方角に設置するなんて罰当たりだという理屈です。

現代の舗装された道路では泥だらけに汚れるべくもありませんね、万が一汚れたらケルヒャーで掃除してくださいよ、ハイ論破。

我々は、神様の通り道でもある玄関を常にきれいにしましょうという教えだけを有難く頂戴しましょうね。

〇実はこだわり、我が家の玄関に関する記事

失敗しないための間取り|玄関は北側?南側?実用性とデザイン性を兼ね備えた玄関の収納とは?クローゼット玄関にシューズクロークをつくるなら、ウォークスルータイプが断然おススメ使いやすい玄関づくりのコツ|失敗しない6つの視点の間取り設計

鬼門ラインを越えた水回り

玄関と同様にトイレ、浴室、洗面所などの水回りを北側におかないようにと言われています。

鬼門玄関の話と同じで、不衛生になりやすい水回りを配置することは、神様への失礼に当たるという理屈ですね。

なので建物を南北で半分に割った線を鬼門ラインとして、北半分には不浄のものを置かないようにということです。

では論破しましょうか?

大昔はボットン便所もとい汲み取り式でしたね、不浄というのはわかります。

ですが現在の日本の都市部では水洗トイレ普及率90%を越えています。

あなたの新居はボットン便所にするのですか?それならば鬼門ラインを守りましょう!!

さらに言えば、便座とマウスは同じくらい雑菌まみれと言います。不浄なものを避けるというなら、鬼門ラインより北には何も置いてはいけませんね、ハイ論破。

これも“水回りをきれいに保つべし” という有難い教えだけを守っていくことにしましょう。

裏鬼門にキッチン

鬼門関連3つ目です。

そもそも玄関・キッチン・トイレを鬼門・裏鬼門・家の中心に設置しないというのは 風水界隈 では『三所三備』といって有名な話らしいです。

結局のところコレも、神様の通り道に不浄のものを置かないという理屈ですね。

あとは、西日によって食物が腐りやすくなるといった話もあると思います。

新居には冷蔵庫を置きますよね?もし万が一冷蔵庫を置かれないのであれば、南西キッチンはおやめください。

ワンパターンになってきたので論破は省略します・・・

アンチ風水な家づくり 間取り

家の中心に階段

もはや難癖レベルです。

昔の家は木造で燃えやすく、中心階段は空気の流れが良くなり避難する間もなく焼け死ぬという話が元かと思います。

または、電気の無い時代に月明かりをたよりに階段を上っていた頃、中心階段は灯りが無いため転倒事故が多かったなんてのも風水で凶とされる大元の話なのかなと思います。

現代では消防法により煙センサーの設置が義務付けられています。

階段だってLEDライトをいくらでも付けられます。

いいでしょうか?論破で・・・

欠けと張り

家の一部をへこませたり、でっぱらせたりしてメリハリをつける設計全般ですね。

方角ごとに吉兆が決まるそうなのですが、基本的にすべての欠けはダメらしいです。吹き抜けも欠けに当たります。

そうしますと近代のおしゃれ建築はすべてアカンことになってしまいますね。

欠けがダメな理屈はいまいち釈然としません。

採光や風通りが悪くなり、湿気⇒カビ⇒体調不良⇒お金がかかるといった『風が吹くと桶屋が儲かる』的な話しかわかりませんでした。

現代においては、しかも新居では昔の建築よりも圧倒的にカビが生えにくくなっているのではないでしょうか?

アンチ風水な家づくりでも忌避した事とは?

思いつくだけでも、これだけのアンチ風水間取りを採用しました。

それでも引き渡しからの数か月、何も問題なく過ごせています。

ツバメだってハトだって住みたくなるような家ですw

〇参考記事

ツバメの巣うれし、かなし、ツバメの巣作り|へーベルハウスの軒下はツバメに好かれやすいかもしれない話ハト新築で困った庭先のハトフン問題|解決法はシンプルがベスト?

そんな我が家でも実は避けたものがあります。

それは冒頭にも出てきた鬼門屋敷です。

僕が知っているすべての鬼門屋敷が、お店であればすぐつぶれるし、家は数年で離散していました。

祖父の遺言(まだ生きている)でも『鬼門屋敷だけは止めなさい 』 でした。

これだけ不吉なことが続くと、信じていなくても心の片隅にモヤモヤが残りますよね。

風水でタブーと言われたからやめるのではなく、自分で良い悪いを決めて納得したうえで採用不採用を決断するのが大事だと思います。

References   [ + ]

1.風水の生まれた時代においてはという限定的な話です・・・そのまま現代に当てはまるわけが無いというのが僕の風水を重視しない根拠となります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です