価格以上の価値!電動シャッターのメリットと後付けする場合の注意点

電動シャッター メリット 使用感 ヘーベル 後付け

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

いよいよ、電動シャッターの話だね!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/12/3-1.jpg
るんばー

やけにご機嫌がよろしいようですが、何か特別なこだわりがあったのでしょうか?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

電動シャッターは防犯機能だけじゃなくいろいろめりっとがあるからねー、本当につけて良かったと思っているんだ!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-コピー-1.png
ヨムオ

(言えない…電動シャッターなんて外しちゃおうと思ってたなんて…)

価格以上の価値!電動シャッターのメリットと感想

今までの生活は賃貸が多く、雨戸あるいはシャッターという概念とは無関係に生きてきました。

ある日の打ち合わせで、話題が窓およびエクステリア関連に移ったときに、かみさんが電動シャッターの話を出してきました。

その時のヨムオは…

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ヨムオ テンプレ-コピー-コピー-2.png
ヨムオ

シャッター?

雨戸と何が違うの?

どうせ開けっ放しでしょ?

何で電動にすんの?

とは言いませんでしたが、あまり興味がなく聞いていました。

そして「付けたければ良いんじゃない?」と生返事をしていました。

カミサンはマイホーム関連のブログを読み漁っていたため、すでに電動シャッターの便利さに気づいており話をしていたようです。

実際に住んで使ってみて、もう電動シャッター無しでは生活できなくなりましたw

特に防犯面ではシャッターがなければ不安でしょうがないというのが感想です。

マジにグッジョブ、マイワイフ!

そんなわけでマイホームの命運を変えるほどの影響力をもつ電動シャッターの魅力とその使用感について紹介させていただこうと思います。

へーベルハウスのシャッターは3種類

  1. 手動シャッター
  2. 電動シャッター
  3. 換気・採光用電動シャッター

手動シャッター

シャッター
へーベルハウスエクステリアブックP.155より引用転載

手動シャッターは一般的なシャッターなので説明不要かと思います。

あまり使用した経験はないのですが、朝晩の開け閉めをしている暇があれば良いかもしれませんが、普通に面倒ですよね…

あと結構音がうるさいらしいです。

我が家では南側に大きくフォールディングウインドウ・ビスタウインドウ・掃き出し窓が並んでいます。侵入するにはもってこいですね!

通りからの視線が入るところではありますが、侵入しやすい経路であるとセコムさんに指摘されています。

ですから何らかの形で防犯シャッターは必要でした。

電動シャッター

シャッター
へーベルハウスエクステリアブックP.154より引用転載

電動シャッターのスイッチは開・閉・停めの3つで内壁に配置されます。

シャッターの色は2色(くろちゃ・ステン)から選択可能ですが、フレックス(3階建て以上)ではステンのみの採用となります。

我が家は2階建て重量鉄骨なのでフレックス扱いです、ステンの一択でした。

電動シャッターを使ったことは無かった(展示場では設置するメリットもないため)ので、その効果・便利さについては半信半疑でした。

どうせ開けっ放しで置いておくだろうと。

そのメリットについては後述します。

換気・採光用シャッター

シャッター
へーベルハウスエクステリアブックP.155より引用転載

すらっと部分に隙間が設置されており、シャッターを閉めた状態でも風通しと光を取り入れる事ができます。

建築基準法で規定される炎症の恐れのある部分には設置できないと断り書きがあり、我が家でも特段の理由もなく採用はされませんでした。

風が入るという事は後述するシャッターのメリットが弱くなる可能性もあるかと思います。

電動シャッターのメリット と使用感

電動シャッターの10のメリット

すぐに思いつくものでも多くのメリットが考えられます。

なんと以下の通り10ものメリットがありました。

  1. 開閉はボタンを押すだけ
  2. 1回押せば全自動
  3. 毎日らくらく開閉
  4. 窓を開けずに開閉可能
  5. 虫がはいりにくい
  6. 断熱性が高くなる
  7. 遮音性が高くなる
  8. 窓が汚れにくい
  9. 防犯対策になる
  10. 開閉が静か

また、へーベルハウスの窓はフォールディングウインドウやピクチャーウインドウなど開放的なものが揃っているのでシャッターも必然的に大きなものになります。

これにマッチした電動シャッターとなると後付けで探すのは大変そうなので、施工時のつけておいた方が無難だと思います(探していないので確証はありません)。

へーベルハウスの電動シャッターに限らずですが、ほぼすべての口コミで電動シャッターは高評価なのも面白い点です。

デメリットは手動よりもコストが高いというのがありますが、コストパフォーマンスはそれ以上の高いので、1階の窓には少なくとも付けていて後悔はしないのではないかと思います。

電動シャッターの使用感

とにかくメリットが多すぎて、いちいち解説してられないくらい超便利な電動シャッターです。

なにより良いなと感じるのはその使い勝手、使用感ですね。

毎朝起きると2階の寝室とランドリーの電動シャッタースイッチをポチ、窓を開けて換気しながら洗濯物を干します。

1階に降りてリビング・ダイニングのスイッチをポチポチ。

ウィーーンと静かに上がっていく電動シャッターを横目に、食洗器で仕上がっている皿を取り出していきます。

すべてが流れるように効率的で生産性を感じる朝です。

これで子供たちがグズグズせずに起きてくれると最高なんですがw

我が家では1階2階ともに侵入可能なサイズの窓にはすべて電動シャッターを設置しました。

外出時は閉めて出かけます。セコムもありますし、電動シャッターをこじ開ける姿は目立ちますから、空き巣もわざわざやらないはず??

ヘーベルハウスでの後付けは注意

ヘーベルハウスで『外構業者に電動シャッターの後付けを安くやってもらおう』と考えているなら要注意です。

なぜなら、外壁への加工をヘーベルハウスの下請け会社以外が行ってトラブルが生じた場合、30年保証が打ち切られる可能性があるからです。

手動シャッターをセットしておけば外壁加工は不要で、シャフトの交換だけでもO.K.です。(ただし施工は自己責任で、予めヘーベルハウスに外構業者に依頼しても良いか確認しておくことを推奨します。)

外壁加工を伴う後付けについては、ヘーベルハウスのリフォーム部門への問い合わせが可能です。

こちらがリンクです。

電動シャッターとへーベル仕様の窓との相性の良さ

へーベルハウスの提唱するアウトドアリビングというものがあります。

へーベルハウスの展示場・モデルルームではとても開放的な間口の大きい窓が象徴的に存在感をアピールしています。

我が家もそんな素敵な窓に魅せられてしまった口なので、あとあと防犯上の問題と向き合うことになるはずでした。

電動シャッターのメリットにいち早く気づいたマイワイフに感謝です。

こんな感じでへーベルらしい窓、例えばフォールディングウインドウやビスタウインドウ、ピクチャーウインドウなどを設置したいご家庭では電動シャッターの採用を強く推奨します。

その方が安全安心ですからね。

〇へーベルハウスの窓についての考察はこちら

フォールディングウインドウを有効利用|絶対つけておきたいへーベルハウス6つの仕様

電動シャッターのメリットと感想|価格以上の価値にオススメしかできないのまとめ

電動シャッターはとても便利、本当に人生が変わるかもしれないくらい生活がはかどります。

特にへーベルハウスらしい窓を付けたいと考えているご家庭にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です