芝刈り機の選び方・6月の芝の管理について初心者目線で解説

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

ご主人、とうとう芝刈り機を買われたのですね。

ワタシの楽天ルームに使用写真が更新されていましたね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

そうなのよ、かっこ良いデザインよね、真っ赤なスポーツカーみたいw

芝刈りも楽しくやれたよね!!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-コピー-1.png
ヨムオ

(刈ったのは僕なんだけどな・・・)

この記事にはネガティブな発言が少々含まれています。

すでに芝生を管理しているご家庭から見れば認識の甘さもあったりして不快な点もあるかもしれません。

それでも、芝生のある庭に憧れている施主さんもいるでしょうから、都合の良い情報だけでなく苦労話もお伝えしたいと思い記事を書きました。

この記事をオススメしたい人

☑芝生にあこがれている人

☑芝生を育てたことが無い人

☑シロウトが芝生の育成を学ぶストーリーを知りたい人

6月の芝生とその管理

芝生の話は以前にも軽く紹介しています。

その時は『外構の後悔』として芝生を紹介しました。

外構の後悔|一生手がかかる芝生のメリット・デメリット

結局、引っ越しの後のばたばたで水まきがままならず、芝生が生着していないところがポツポツあります。

ですが無事に生着して立派に生えている子たちもいます。

芝生は生き物です。植えたからには責任を持って管理しなければいけませんよね。後悔していても始まりません。

というわけで6月の芝生の状況と管理について共有します。

6月の高麗芝

日本で一般的なのは高麗芝、ついで西洋芝というものらしいです。

我が家に植えてあるのは高麗芝で、夏の暑さに強いタイプと言えます。

5,6月に入り気温が上昇してくると芝もどんどん伸びてきます。

冬に植えた芝も緑に染まり芝刈りの時期になります。

6月中旬になると梅雨入りして作業日程が組みにくくなるので、芝刈りの時期としては6月初旬までに初回の芝刈りをしていきたいところですね。

6月の芝生管理

前述したように芝刈りの時期です。芝はこの時期大いに伸びます。

週に1回ペースの芝刈りを要する場合もあるようです。伸ばし過ぎると刈る際の負担が大きくなり、芝へのダメージがあったり、『軸刈り』という状態が問題になることもあるようです。

刈り高は20㎜位が目安ですが、短くすると見た目が良くなる分、頻回な芝刈りが必要となるようです。

自分でここまで書いて嫌になってきました。芝生への憧れを持っていた方はついてきてるでしょうか?

面倒なんですよ、芝生って・・・

芝刈りに必要なもの

初めての芝刈りに際して絶対に必要なものは3つです。

  1. 芝刈り機
  2. 熊手(レーキ)
  3. 際刈りバリカン(ハサミ)

以下の3つの薬剤も合わせて買っておきたいところですね。

  • 芝生肥料
  • 殺虫剤
  • 除草剤

ここでは最も大きな買い物になるであろう【芝刈り機】の選び方についてご参考までに文章化していきます。

芝刈り機を買おう

芝刈り機は大きく電動か手押しタイプかがあります。

電動は速度が一定のため、大きな面積の芝生を効率よくきれいに刈りたい時に向いています。

一方で狭い面積を手早く刈りたい時は手動の手押しタイプが良いようです。

芝刈り機の選び方

初めは電動を買おうかと思っていましたが、100坪を越える芝生では購入を検討されたしという口コミがあったので、手動を探してみました。

手動といってもピンキリで入門用からプロ仕様といった高価格のものまでいろいろあって迷いました。また、ブランドや刃の形状などで評価が違うのでいくつか候補を挙げたいと思います。

価格で選ぶなら以下の3段階です。

  • リーズナブルな入門タイプ
  • 汎用性の高い中級タイプ
  • プロ仕様の本格タイプ

入門タイプは1万円以内、中級タイプは2万円台、本買うタイプは5万円くらいのものから数10万円のものまであります。

入門タイプのおすすめ

とにかく初めての芝生!『様子見から始めたい とりあえず刈れれば良い 』 というご家庭も多いかと思います。そんなご家庭では手動芝刈り機の中で最もリーズナブルでありながら機能的にもオススメのモデルです。

リーズナブルでありながら、5枚刃・刈り幅30㎝1)一度に刈れる芝の幅です、同価格帯では20㎝というものが一般的、30㎝は広い方です。・刈高調整4段階など機能面でかなり充実しています。

メーカーはバロネスです。バロネスは業務用芝刈り機のトップシェアを持つ国産メーカーですので同価格帯の量販店モデルと比べて安心感がありますよね。実際に口コミを見ても、同価格帯の量販店モデルにはない切れ味についてのコメントが多々ありました。

残念ながら研磨機能と部品販売はしていないので注意してください。

中級タイプのおすすめ

GSB-2000NDX-C ナイスバーディーモアー 芝刈機 回転芝生ハサミ付き 刃調整不要 キャッチャー脱落防止 刈り高さ調整 ワンタッチ 手動式芝刈り機 芝刈り機 手動 KINBOS GSB2000NDXC

キンボシのモアーシリーズは中級者にオススメです。1ランク上の価格帯にイーグルモアーやファインモア―があります。

照会しているバーディーモア―は刈り幅20㎝ですが、小回りの利く手押しタイプということで、電動バリカンから乗り換える人が多いようです。5枚刃で刈高は10/15/20/25の4段階で調整可能とのことです。

決して安い価格帯ではないので、これ以外にもいくつかメーカーで対抗馬があります。強くオススメするというよりはあくまで参考程度でしょうか?逆にこの価格帯に手を出すなら本格タイプの購入を考えた方が良いかも??

本格タイプのおすすめ

せっかく買うなら、買い替える必要のない芝刈り機ということで、『30年使用できる 』 というバロネスのLM4Dがオススメです。

製品保証1年、部品保証9年という長期保証も売りですが、簡単な研磨機能がついている6枚刃、刈高は8段階調整可能というハイスペックな仕様です。

口コミもその切れ味を絶賛しており、楽天では1200件を越える口コミがありながらも驚異の4.68点でした。ちなみにバロネスはネットショッピングでも直営店限定での販売であり、その点からも信頼が高いと思います。

バロネスLM4Dの使用感

【バロネスLM4D】

写真の通りごっそり刈れました。

切れ味の鋭さは口コミのとおりで密集した芝もなんのその、快適に刈りこめます。おおむね60平米(18坪)の我が家の芝生、20分足らずで刈り終える事が出来ました。

バロネスは刃の研磨が可能ですので、メンテナンスをすれば一生ものと聞いています。梅雨が明けたら2回目の刈り時ですので、その時までに研磨剤を買っておこうかと思います。

芝刈り機の選び方・6月の芝の管理のまとめ

芝生は生き物です。管理が必要です。

正直面倒臭くて後悔していますが、芝刈りを終えてみると何ともスッキリした気分になったのも確かでした。

今後も芝生とは長い付き合いになりそうです。

また季節がかわったり、イベントがありましたら記事化しますのでよろしくお願いします。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko.png
ヨムオ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

参考になりましたら【はてブ登録】をお願いします。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae1.png
カミサン

フェイスブック でシェア】【インスタでいいね!】していただけますと嬉しいです!!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

るんばーの楽天ルーム】【るんばー@ソファの下|ツイッター】もよろしくお願いします。

References   [ + ]

1. 一度に刈れる芝の幅です、同価格帯では20㎝というものが一般的、30㎝は広い方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です