ホームセキュリティとお掃除ロボットは同時に使えない|4つの解決策

ホームセキュリティをとるか?ルンバをとるか?

新居ではルンバを使いたいと購入を検討されるご家庭も多いですよね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-3-コピー.png
以前の ヨムオ

新居では絶対ルンバ!名前を付けてかわいがろう!!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/bae.png
以前の カミサン

名前はさておき…

一気に掃除できるような間取りにしたいね。


https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

るんばーちゃん、本当にかわいい

いつもありがとうね♡

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

と、このようにるんばーを溺愛しているカミサンです。

それはさておき、今回の記事は…

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819.jpg
るんばー

ルンバの天敵、セコム様に関する記事です。

セコム様のせいで、ルンバはご主人の留守中の掃除ができません、何とかしていただきたいものです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-コピー-1.png
ヨムオ

だそうです。

どうぞご覧ください。

我が家もそんな風に思っておりまして、『ルンバが効率よくすべての部屋を清掃できる』間取りの作成を心がけておりました。

※これはいずれ記事にしてみようと考えています。

なので、ホームセキュリティを導入すると、留守中のルンバの挙動がセキュリティ会社に通報されてしまうと知ったとき、かなりショックを受けました。

そのような経緯で我が家はルンバとホームセキュリティを採用していますが、どのように折り合いをつけているか、ほか代案も一緒に紹介して考察します。

ホームセキュリティとルンバの相性が悪い理由とは?

ホームセキュリティの防犯設備とその効果は以下のように分けられます。

  1. 窓やドアの開閉を感知するセンサー
  2. 空間自体に動くものを感知するセンサー
  3. ホームセキュリティーステッカーによる防犯効果

2の 【 空間センサー】がルンバの動きを感知してしまい、留守中にルンバを使えない原因となっています。

ルンバを留守中に使うメリットはあるのか?

個人的にはルンバを留守中に使うメリットは大きいと感じています。

実はルンバのモーター駆動音や吸引音はかなり大きいんですよね。

スマホアプリの騒音計で計測すると同じ部屋にいたときには80dB以上あります1)一般的な掃除機の音は70dB程度です

そして掃除の速さですが、20畳分のLDKを掃除する場合、我が家のRoomba960では1時間以上かかっています2)最新機種のi7では間取り記憶機能があり、もう少し早いようです。

1時間以上、掃除機を超える騒音で部屋の中を往復するルンバ、気になる人も多いと思いのではないかと思います。

そういった理由で留守の間にルンバが掃除をしてくれるのは、それだけでメリットがあります。

また在宅時にルンバを稼働させた場合は、ルンバの挙動に少しばかり気を使います。

タイミングが悪いと、浴室などには入らないように脱衣所のドアを閉めて家族が寿司詰め状態なんてこともたまにあります。

子どもたちが床にばらまいたオモチャやティッシュの上を通ったりするとローラーにからまって後が大変になります。

以上の点から、“留守中ルンバ”のメリットは意外と大きいと感じています。

ホームセキュリティと留守中ルンバの併用は可能か?

空間センサーを付けないという選択

前述のようにホームセキュリティの防犯設備と効果は3つあります。

1の開閉センサーは窓やドアが開けられて初めて反応するセンサーです。仮に空き巣が窓をすべて壊して家に侵入してきた場合は無力です。

【開閉センサー】

2の空間センサーは部屋への侵入を許した場合に反応するものなので、1のセンサーが無力化されていた場合に有効です。

【空間センサー】

セキュリティの観点からは開閉センサー・空間センサーの両方つけた方が安全・安心なのは言うまでもありません。さすがに1階部分には空間センサーも必須化と思います。

なので、空間センサーを1階のみに設置して2階だけを“留守中ルンバ ”を設定して出かけるという選択はありかもしれません。

セキュリティと利便性どちらをとるかはご家庭の考え方次第かなと思います。

空間センサーを腰高・水平に設置する

空間センサー設置は通常、壁の高い所から死角のなくなるよう全方向に向けるのがセオリーです。

テーブルをはじめとした家具の影響を受けずに最小限の設置数で広範囲をカバーするためです。

この設置方法では床の上を走行するルンバをはじめペットの放し飼いもできなくなるというデメリットが生じます。

これを解決するのが設置の高さとセンサーの方向性の調節です。

具体的には、人の腰の高さ程度の位置に設置してセンサーの向きを水平から上方向に向けるというものです。

ルンバに限定していえば3)猫は活動性が高く容易に腰の高さ以上の家具に上るため、この方法でも誤作動を起こすことがあるようです。、この方法で間違いなく問題ないようです。

ただし、目立つ位置にセンサーを置くことになるので、インテリアにこだわりのあるご家庭では採用しにくい方法かなと思います。

使える部屋でだけ留守中ルンバを使う

もし空間センサーのない部屋があれば、留守中ルンバは可能です。

我が家は1階に見通しの良いLDKを設計して、引き戸用のレールもほとんどなく
ダウンフロア以外の段差を極力少なくしています。

2階についてはすべての部屋が廊下でつながっていて回遊型となっています。

1階2階ともに、ルンバを動きやすくしてすべての部屋を掃除可能にしてあったのが裏目に出ましたね…センサーから丸見えで、留守中ルンバをかけられる部屋というのがありません。

留守中ルンバをやめる

まぁ最も消極的な方法ですが、これが一番確実かなとも思います。

在宅時であれば、我々の動きを感知しないのと同じで、ルンバもセンサーにかからず問題なく活動できます。

帰宅時に2階を掃除してもらい、就寝時に1階を掃除してもらうという形です。

音が大きいルンバでも、階段にドアがついていればほとんどわかりませんでした。

今後技術が進歩すれば、サーモグラフィによるセンサーが安価で家庭用セキュリティとして導入可能となるかもしれません。

それまで留守中ルンバはお預けかな…

新居の悩みホームセキュリティをとるか?ルンバをとるか?

ルンバに関する記事一覧

〇ルンバに関するQ&Aははこちら

ルンバについてのよくある質問にお答えコーナー【前編】ルンバの事はルンバに聞け|ルンバへのよくある質問お答えコーナー(後編)

〇ルンバを購入前に使ってみたい方はこちら

新築戸建を考えているならルンバレンタルで使用感をシミュレーションしてみよう

〇我が家でルンバを使ってみた感想はこちら

ホームセキュリティとお掃除ロボットは同時に使えない|4つの解決策部屋を散らかさない暮らし方とは?|ルンバを新居で使い始めたら生活の質が激変した話

もう一度目次をみる?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

お読みいただきありがとうございました。

不明な点はぜひコメントいただけますと幸いです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819.jpg
るんばー

今回もありがとうございました。

家ブログのランキングに参加しています。

この記事を読まれて『ルンバかわいい』『ルンバ欲しい 』と思っていただけた方は、↓のバナーでワタシのおでこのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-コピー-1.png
ヨムオ

(なんて自己主張の強いお掃除ロボットなんだろう)

それではまた、他の記事でお会いしましょう。

References   [ + ]

1.一般的な掃除機の音は70dB程度です
2.最新機種のi7では間取り記憶機能があり、もう少し早いようです。
3.猫は活動性が高く容易に腰の高さ以上の家具に上るため、この方法でも誤作動を起こすことがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です