オシャレだけど不採用となった間取りプラン|隠れたデメリットとは?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2-コピー.png
打ち合わせ時のヨムオ

吹き抜け、リビング階段、セカンドリビング・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/カミサンショック.png
打ち合わせ時のカミサン

ペンダントライト、シャンデリア、間接照明・・・




https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2.png
ヨムオ

ダウンフロアリビング最高!!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

ダウンライトは埃がたまらなくて良いね!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

 お二人のように切り替えが早い(≒単純)タイプでなければ、流行の間取りを不採用にできず設置して後悔するなんてこともあるかもしれません。

 今回はLDKで不採用となったデメリットの理由をシェアしたいと思います。

こんな人にオススメ!

☑流行の設計が気になる人

☑注文住宅ならではの設計のデメリットを知りたい人

☑流行の設計をあきらめる理由が欲しい人

トイレや浴室など、ある種の普遍的な価値観がある設備と比べて、LDKについては、それほど他人の意見が参考にならないかなと思っています。

既に初めての間取りの打ち合わせをされたご家庭では、それぞれLDKのこだわりポイントが見えていると思うんですよね。LDKは寝室に次いで、最も生活時間の長い空間です。LDKの間取りは比較的イメージしやすいのではないでしょうか?

そこで今回の記事は、我が家のLDKで当初は希望したけれども、実際には付けなかった設備や空間についてご紹介します。

アイデアや設備案を加えるのは(土地とコストがあれば)簡単ですが、せっかく出したアイデアや設備案を削るのは、あきらめる感じがして難しいと思います。

我が家がどういった考えでプランをカットしたかを読んでいただけますと、実はそれほど必要ではなかったアイデアを削れるのではないかと思います。

こだわりのリビング

吹き抜けは不採用

吹き抜け
へーベルハウスエクステリアブックP.113より引用転載

競合他社と比較してへーベルハウスの天井は少し低い天井高240㎝です。

普通に暮らしている分にはそれほど気にならないですが、現在戸建に住んでいる場合は20㎝程低いことが多いので、閉塞感を感じる人もいるかもしれません。

対処法としては吹き抜けリビングにするか、ダウンフロアリビングにするかという2択でしょうか?(折り上げ天井というのもあるのですが、2階の間取りに影響するので簡単に勧めるのは難しいですね)。

我が家では当初吹き抜け階段をリビングに検討しましたが、生活動線とプライバシー空間に特化した回廊型構造にしたかったので吹き抜け階段をあきらめました。

実際に住んでみてから振り返りますと、開放的な吹き抜けほど、窓が大きくなりメンテナンスが難しくなってくると理解できます。

また、開放感のある大きな吹き抜けは1階だけでなく2階空間も制限されるので大きな建坪が必要だと思います。

このような考察の結果、我が家では吹き抜けを不採用としました。

吹き抜けの代替案のダウンフロアリビングは2階の空間を食わずに、上下に視界がとれるので、LDK全体にメリハリがついて広く感じます。つけて良かった設備ですね。

〇吹き抜け階段をやめた理由をもっと詳しく知りたい方

リビング吹抜階段へーベルハウスでリビング吹き抜け階段をやめた理由|寒さ以外のデメリットとは?

セカンドリビングは不採用

吹き抜けの上階
へーベルハウス FREX RESIDENCEより引用転載

2階の吹き抜け前にちょっとした空間4畳ほどを使ってセカンドリビングなんてどうかという案がありました。

子どもが2階のセカンドリビングから手を振ってくる姿を妄想して心奪われかけましたが、実際に何をするか目的が曖昧な空間だったのと、家族の集まる場所が分散してバラバラになるのは本意ではないのであきらめました。

写真のような海が見える眺望だったら素敵でしょうね。

〇回遊型構造とは

回遊型構造・自作間取り図

我が家は玄関ホールの正面にリビング、右に廊下と洗面所を経由してダイニングに入る事ができます。

こういった回遊型リビングはいまトレンドのようです。

メリットとしては①動線の分散②プライベートとオフィシャルを分ける空間づくりが出来るという点です。

洗面所や浴室への経路が玄関や客間(和室)から目隠しできるのでプライバシーの観点からオススメの構造です。

この構造にするには廊下の要素が必要だったので吹きぬけ関連の間取りは採用しませんでした。

こだわりのダイニング

ダイニングには北側にテラス兼勝手口としてルーバースクリーンで区切られた空間があります。フォールディングウインドウで開口するこちらのテラスは直接日差しが当たらないので“夏のテラス”と呼んでいますw

ダイニングの南側には庭とウッドデッキがあり、こちらにもフォールディングウインドウがついています。こちらは冬での暖かな日差しが入るので“冬のデッキ”と呼んでいます。

これらの大窓によって風通しが良く開放感のあるダイニングに仕上がっています。

横並びダイニングは不採用

ご覧のように家全体が横長でLDKがすべて並列の間取りです、横並びダイニングでは収納とキッチンカウンターの動線に不具合が生じるので不採用となりました。

LDKが並列になったのは【 我が家の理想10か条】の第5条“見渡せるLDK”に準拠したからです。

そして第2条の“生活動線が整っている”に反する間取りはすべて不採用になります。

カリモクのダイニングテーブルは不採用

せっかくの新居です。

ダイニングテーブルなど家具にも力を入れたいと思うのが人情ですよね。

我が家の床はアドバンスフローリングのウォールナットカラーなのでカリモクの無垢ダイニングテーブルがオススメされました…

ですがイタズラ盛りの子どもたちがいると大変なことになるのは目に見えています。

前住居では安めのダイニングセットだからと構わずにいたら、油性マジックとシールで格好よくデザインされてしまいました。

なので高級ダイニングテーブルは子どもたちが全員小学生になるまでおあずけです。

我が家のテーブルセット

我が家で採用した6人掛けテーブルセットです。

さすがにへーベルハウスに住んでまでニ○リは嫌だったので…

とはいえカリモクの半分の値段で無垢材というのは嬉しい買い物でした。

〇ダイニングテーブルの選び方を考えてみました

子育て世代に優しいダイニングテーブルの選び方とは?|インテリアフェアで学んだこと

こだわりのキッチン

(まさかの)標準シリーズを不採用

Fシリーズパナソニック
へーベルハウスインテリアブックP.176

IHコンロの形状を横並び3連にしたくてパナソニックのショールームを見に行きました。

3連の横並びIHヒーターです。

そこで出会ったのはLクラスというへーベルに採用されていないパナソニックの最上級シリーズでした。人工大理石を用いたカウンターを気に入ってしまいました。ここから特注の悲劇が始まります。

せっかくだからと、アイランド・フロートタイプ・食洗機はフルオートオープンなどなどこだわりの詰まったキッチンとなりました。

我が家は共働きゆえ、交代制で食事を作っています。こだわりのおかげで毎日キッチンに立つのが全く苦痛ではありません(それは言い過ぎか…)。食洗機も本当につけて良かったと思います。

〇パナソニックLクラスキッチンに関する記事はこちら

ペンダントライトは不採用

ダイニングのペンダントライト
へーベルハウスSTYLE STORIES P.103より引用転載

これは決めきれなかったという方が適切かもしれません。

ルイスポールセンなど有名どころはチェックしましたが、実際に住んでみての雰囲気に合うか?本当に必要か?を確かめてからという方針にしました。

今のところ6基のダウンライトでテーブル上は充分明るく、勉強にも支障がありません

むしろペンダントライトのような視界を遮るものは部屋が狭く感じてしまう気もしますので、今後も採用しないかもしれません。

一応接続の準備はしてありますので、設置するかどうか迷ったら準備だけはしておいた方が良いと思います。

〇ダウンライトだけのLDK

逆にシンプルで良い!ダウンライトだけのリビング・ダイニング

我が家で不採用となった流行のLDK間取り|隠されたデメリットを分析のまとめ

今回の記事では我が家で不採用となった世間一般では人気のLDKの間取りをピックアップして、その弱点に関する考察をつけました。

一見して希望の間取りでも、その部屋の本質あるいは施工主の理想から外れる要因が隠れていれば不採用することも考えなければいけないと思います。

まさに【引き算でつくる間取り】ですね。

〇合わせて読みたい関連記事:不採用の間取り

我が家では不採用となったデッドスペース利用の間取り

〇この記事で引用した関連記事まとめ

もう一度目次をみる?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

お読みいただきありがとうございました。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae1.png
カミサン

不採用となる理由づけは人それぞれかも・・・

でもこういう考え方もあるよねと思っていただけますと幸いです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

『参考になったよ』と思われた方は↓のバナー、るんばーのおでこボタンを押してくださるとのモチベーションにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です