外構工事にかかった費用を公開|工事内容と相場比較あり

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-1.png
打ち合わせ時のヨムオ

外構工事って何?

エクステリアとどう違うの?

費用の相場ってどうなの?

打ち合わせで何を伝えれば良いんだ?




https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko.png
ヨムオ

と、以前の僕のように外構工事の内容からわからない人って結構多いと思うんだよね・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae1.png
カミサン

うーーん、たしかに!

『なんとなくこういうイメージでやってください 』 でカタチになるから、デザインを見てお任せで決めちゃうよね!

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819.jpg
るんばー

ご主人達は外構の打ち合わせにはどれくらい時間をかけましたか?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ヨムオ テンプレ-コピー-コピー.png
ヨムオ

うん、3回くらいだったよ。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819.jpg
るんばー

建物の打ち合わせ期間とのギャップが大きいですね。

それだけ悩む余裕さえもなかったという事でしょうか?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ヨムオ テンプレ-コピー-コピー-2.png
ヨムオ

まぁね、実際へーベルハウスのデザイン提案にも満足できたってのも大きいけど、悩むほどたくさん選択肢を持っていなかったのかもね・・・

こんな疑問を持っている人にオススメ!

☑外構工事の内容って何?

☑外構工事の相場は?

☑共働き夫婦の外構教えて?

今回の記事では、外構工事とは何か?我が家の外構工事の内容と相場についてシェアしたいと思います。

外構工事とはなにを指すのか?

「インテリア」が建物内全般(照明、床材、壁紙、LDK、家具など)を表すのに対して「外構・エクステリア」は門柱、カーポート、テラス、植栽など建物外全般を指します。

『外構』と『エクステリア』の違いはハウスメーカー・外構施工業者によって異なるようです。

なので当記事では、へーベルハウスの外構デザイン打ち合わせで決めた部分を『外構』という単語で表します。

外構工事内容と実際にかかった費用

外構工事を費用から分類すると

  1. 仮説準備費
  2. 土工事費用
  3. 金物工事費用
  4. 塀工事費用
  5. 床工事費用
  6. 周辺工事費用
  7. 植栽工事費用

の7つに分けられます。

もっと詳しく分けられる場合もあるようですが、我が家の外構見積書の記載に沿って、外構工事内容を7つとしました。

外構工事の費用分類を知っておくと、複数の外構業者の見積もり体裁が違っても、比較しやすいというメリットがあります。

では、それぞれの工事費用に含まれる工事内容と相場はどのようになっているのでしょうか?

仮設準備

仮説準備とは、やり方1) 基礎工事に先立ち、建物の位置や基礎の高さを示すための仮設装置をつくることを指す。 ・清掃・安全衛生対策・運搬等いわゆる工事に付随して発生する工事の事を指します。

工事を始めるのに必須の工事なので、この工事にかかる費用を抑えることはできないと言えます。

仮設準備費用がしっかり見積もりの中に含まれているかどうかは、外構工事業者を評価する上で信頼に足るかどうかの判断基準となるそうです。

土工事

土工事とは、土を掘ったり捨てたり盛ったりするのに必要な工事です。

外構工事をイチから始める場合は土地の高低差を改善したり、埋まっている異物を廃棄する必要があります。いわゆる『残土処理』ってやつですね。

我が家の場合は、建物を工事する段階で、土地全てを最初から処理していましたので、新たに工事はしませんでした、したがって土工事費用はゼロ円です。

相場は地域差があるようです。

残土は、大きなあの2トン車で1.5㎥しか積めません。つまり、比重が3近くあるということです。仮に、ガレージ2台分のスペースを50㎝の深さで、土をスキ取ったとします。すると、以下の量の残土が出ます。
0.5m×28㎡×1.3(土はスキ取ると膨れる)=18.2㎥

現場の地域にもよりますが、都市部なら上記の事情で、残土処理には1㎥8,000円程度の費用が必要になります。となれば、このガレージ分だけで、18.2㎥×8,000円=145,600円の費用が必要になります。
2トンダンプで12台分です。

株式会社ライフアップ
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-コピー-1.png
ヨムオ

うへー、残土処理って大変なんだな・・・

金物工事

【外構 金物工事】
・橙色:カーポート2台分2基
・黄色:タイルデッキ
・紫色:フェンス、フェンス扉2か所

皆さんお待ちかね『外構工事らしい』工事、金物工事ですよ。

金物工事にはカーポート設置、テラスの基礎工事、フェンス設置、フェンスの基礎が含まれています。

おそらくは、ほとんどのご家庭でこの工事費用が最も価格が高くなっていると思います。

例えば、土地が広ければ囲うのに必要なフェンスが多くなるので、フェンスの価格が上がります。

カーポートは500,000円~1,000,000円前後(2台用カーポート1基当たり)の費用がかかります。

我が家では外構金物工事全体で4,700,000かかりました。ちょっと引くレベルかもしれませんが、これはカーポート2基設置(150万円)、そしてタイルデッキ設置(160万円)の影響が大きいですね。

これらの高額商品を除外した場合、いわゆるフェンスだけの価格を見ると約90万円です。やや割高ですが、これは家の3方向(南境界14m、西境界11m、東境界4m)をフェンスで囲ったためと考えられます。

残りの70万円はフェンスの基礎、フェンスにつけた扉の分です。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/カミサンショック.png
カミサン

カーポート・タイルデッキ・フェンス、必要ないご家庭なら丸ごとカットできる費用だね。

〇タイルデッキ詳細はこちら

ウッド(タイル)デッキを快適にデザインする方法、使えなくなる原因を考察タイルデッキで夏とアウトドアを楽しめ!|WEB内覧会テラス編

塀工事

【外構 塀工事】
・黄色:目隠しと門柱

塀工事には、門柱や目隠しの制作費用が含まれます。

おそらく外構工事の中では最も目を引く工事の1つですね。

なので、塀工事に力を入れるご家庭も多いと思います。

ちなみに門柱・目隠しに使われる宅配ボックスや壁掛けポスト、表札、インターホン等は後述する『周辺工事』の中に含まれています。

我が家で塀工事にかかった費用は750,000円です。

〇門柱の施工費用、相場は?

このうち門柱の施工費用は40万円でした。

門柱を設置する際の費用相場は、本体価格が約5~15万円、工事費が3万5千~5万円位で、合計10~20万円程度です。また、門柱にインターホンや門灯を取り付ける場合は、各々プラス1万2千円ほどがかかります。さらに、既存の門扉の撤去や、照明を取り付けるための電気工事が発生するのであれば、総額で40万円位かかると考えておいた方が良いでしょう。

リショップナビ

門柱は素材により価格が増減しやすいので単純な費用の比較がしずらいですね。我が家の門柱は↓のような感じです。上のリンク先の門柱と比較して考えてみてください。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

外構費用はこだわった分だけ高くなりますね。

ハウスメーカー以外に依頼するときは、『安かろう悪かろう』の外構業者を選ばないようにしたいですね。

床工事

【外構 床工事】
・橙色:防草シート、砂利敷、車庫床コンクリート仕上げ
・黄色:玄関アプローチ=タイル
紫色:縁石

床工事には防草シート、砂利、コンクリート仕上げ、玄関アプローチ・床タイルなどの施工と材料費が含まれています。

これらの中で最も価格が高かったのは、カーポート用床コンクリート仕上げで約900,000円かかりました。

まぁ、これは面積が大きかったのもありますね。コンクリート仕上げした部分は乗用車6台分の駐車可能なスペースでしたから・・・1台分の駐車場に単純換算すると15万円前後になるでしょうか? 平米あたりの単価に直すと11,800円です。

外構床工事のコンクリート仕上げの相場は6,500円~12,000円程度とされていますので、平均の中に収まってはいますが高めの価格といえますね。

2番目に高かった外構床工事費用は、玄関アプローチに使用したタイルの材料費で550,000円です。

外構床工事総額は1,900,000円だったので、ほぼタイルとコンクリートの仕上げにかかる値段でした。残り450,000円のうち大部分はファイングラベルという白い砂利です。

ファイングラベルによる砂利敷の1平米あたりの単価は7,300円です。

〇外構用の白い砂利についてはこちら

外構に白い玉砂利を使う実例写真外構に白い砂利を敷くデメリットを回避する方法

周辺工事

周辺工事には、宅配ボックス・壁ポスト・表札・インターホンカバー・インターホン設置費用が含まれていました。

周辺工事は材料費が中心で約180,000円かかっています。

我が家は設置しませんでしたが、植栽を照らす照明などの費用もこちらに含まれます。

植栽工事

【外構 植栽工事】
・橙色:玄関シンボルツリー
・黄色:グランドカバープラント
・紫色:庭先シンボルツリー

旭化成ホームズではAJEXというミドリと調和したエクステリアを手掛けるデザイン会社を設立して植栽工事として『まちもり』計画を施工しています。

植栽工事の計画は高木・中木・低木・地被植物(グランドカバープラント)のリストから好みの植栽の組み合わせを選んでいきます。

何か物足りないと感じるような家の外観に緑を加えることで街並みに合った良い風景を演出することができます。

植栽は大きく3カ所です。

図の橙色部分、門柱前に玄関用シンボルツリーを植えました。北側玄関なので耐陰性のある高木ヤマボウシ、中低木としてツツジ吉野とナンテンを植えました。

図の紫部分には高木キンモクセイ、低木シルバープリペットを植えました。

図の黄色の花壇部分にはグランドカバーとしてヒメアガパンサス、低木としてコルディリネを植えました。

木々の植栽についての相場は調べきれなかったので割愛します。

また芝生の植え付けも植栽工事に含まれます。

高麗芝の植え付けは78平米で約190,000円、1平米あたりの単価は約2,500円でした。

そして芝生用整地費用として100,000円かかっています。単価は1,300円です。

整地+植え付け合わせて3,800円は安い方ですね。高麗芝の外構工事は3,000~6,000円とされています。

〇芝生に関する記事はこちら

外構の後悔|一生手がかかる芝生のメリット・デメリット

外構工事にかかった費用を公開のまとめ

もう一度目次をみる?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

お読みいただきありがとうございました。

外構工事の事が少しでも伝わりましたか?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae1.png
カミサン

外構はこだわり具合によって値段が違ってくるからね、あくまでこだわった我が家の価格ってことで参考程度にしていただけると良いと思います。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

この記事をお読みくださって『外構の事が少しだけどわかった』と思われた方は↓のバナーをクリックしてくださるとうれしいです。次回記事投稿のモチベーションにつながります。

References   [ + ]

1. 基礎工事に先立ち、建物の位置や基礎の高さを示すための仮設装置をつくることを指す。