リゾートホテルに学ぶ家づくり|ハレクラニ沖縄の実例集

リゾートホテルに学ぶ家づくり~出発前~

夏休みの旅行で、ハレクラニ沖縄に宿泊します。

この記事は予約投稿です。『リゾートホテルから学ぶ家づくり 』 シリーズにあたってどんな写真をとって、どんな記事にしていくかを想定しています。

せっかくの旅行ですので、余すところなく写真に収めたいと考えています。

インスタツイッターでは何らかの形で『撮ってほしい写真』の希望を受け付けています。お気軽にリクエストしてください。リクエストの写真は撮って出しで各種SNSにアップさせていただきます。リクエストいただいた方にはブログ記事でアカウントを提示させていただきたいと思いますのでご承知おきください。

※現在リクエストは募集しておりません。

リゾートホテルに学ぶ家づくりのコンテンツ説明

『リゾートホテルに学ぶ家づくり』は5回のシリーズを予定しています。

共働き夫婦が夏休み旅行でホテルに泊まる際に〝家づくりに生かせる 〟 リゾートホテルの要素を考察していく記事です。

以下の5項目について写真中心の記事をアップしていきたいと思います。

  • ゲストルームの間取り・設備
  • ゲストルームのインテリア・小物・雰囲気
  • エントランス・ホール・中庭・廊下
  • レストラン・ブティック
  • プール・庭・植栽など外構部分

スマホでの執筆になるため、帰宅後に改めて加筆修正して再アップしていきます。

この記事は最終的に 『リゾートホテルに学ぶ家づくり』の目次的な構成にしたいと考えています。未完成な部分は帰宅後に補完・注釈を入れますので、本日は僕の覚書程度として、読み進めていただけますと幸いです。

※帰宅後に追記した内容はこのようなカタチでボックス表示します。

〇このシリーズを読む前に

ホテルライクな日々|家づくりに応用できる一流ホテルのラグジュアリー

〇ハレクラニ沖縄シリーズ一覧

一流リゾートホテルのゲストルームから学ぶホテルライクな家づくりのポイントリビング、寝室をリゾートホテル風に演出する簡単な方法リビング、寝室をリゾートホテル風に演出する簡単な方法ハレクラニ沖縄のエントランスホールを徹底解剖・ラグジュアリーな家づくりハレクラニ沖縄のエントランスホールを徹底解剖・ラグジュアリーな家づくり家づくりに生かしたいオシャレなレストラン・ショップの実例・ハレクラニ沖縄の場合家づくりに生かしたいオシャレなレストラン・ショップの実例・ハレクラニ沖縄の場合プール付き邸宅、中庭、特別な家にしたい人のためのホテル実例プール付き邸宅、中庭、特別な家にしたい人のためのホテル実例

ゲストルームの間取り・設備

初日はゲストルームを中心に記事を書いていくつもりです。

詳細はこちらに当該記事へのリンクを貼ります。

初日はゲストルームの写真を中心にした記事を書きました。

今後、画像に関する記事を追記・リライトしていきます。

↓が初回の記事のリンクです。

一流リゾートホテルのゲストルームから学ぶホテルライクな家づくりのポイント

間取り

宿泊したのは デラックスオーシャンビュールームです。

部屋の広さは50㎡、テラス付きの客室となりますが、ハレクラニではこちらの部屋が標準となっています。

帰宅後に間取り作成ソフトを使って簡単なカタチで再現しようと思っていましたが、公式サイトにレイアウトがありましたので引用してご紹介いたします。

ハレクラニ沖縄公式サイト“より引用転載

ハワイのハレクラニでも特徴的だったのは全室にバルコニーがついているという点ですね。奥行は2mちょっとでコンパクトなサイズのバルコニーですが、窮屈な感じはしないので、戸建てでも採用できるサイズだと感じました。

設備

窓・窓かけ、テラス・屋外用ファニチャー、洗面台・バスタブ、収納などについての写真を撮影しております。

リゾートテイスト・ホテルライクな雰囲気を戸建てでも再現できるような設備について考察しています。

初回の記事はこれらについてまとめています。詳細を読みたい方はこちらをご参照ください。

一流リゾートホテルのゲストルームから学ぶホテルライクな家づくりのポイント

ゲストルームのインテリア・小物・雰囲気

2日目はゲストルームのインテリアや小物、雰囲気についてレポートしたいと思っています。

とくに雰囲気は家具・壁紙・床全体としておそらく調和のとれた色調でまとめていると思います。

そういった戸建て住宅でも再現可能な点をおさえたいとおもっています。

2日目はゲストルームのインテリア・小物・雰囲気についての写真を投稿しています。

今後、画像に関する記事を追記・リライトしていきます。

↓が初回の記事のリンクです。

リビング、寝室をリゾートホテル風に演出する簡単な方法リビング、寝室をリゾートホテル風に演出する簡単な方法

インテリア

ベッド・ソファ・テーブル・テレビ台・照明の全体像と接写を撮って公開しています。

ホテルのインテリアは間取りの計算もさることながら、ホテルのイメージを損なわないカラーやテイストの家具を包括的に選んでいます。

もしホテルライクな家づくりをされている方はお気に入りのホテルの写真や画像から、イメージを借りてインテルア選びをしてみると良いと思います。

小物

ホテルといえば、日用品が無いぶん、おしゃれな小物を置いていることが多いですね。

トイレ・浴室・洗面所といったサニタリースペースの小物、絵画やオブジェなどアートな小物、マガジンラックやキャンドルスタンドといったテーブルメイクの小物などが予想されますが、どうでしょうか?

ハレクラニのセンスを画面から伝えられたら良いですね。

雰囲気

インテリア・小物を含めたゲストルーム全体の雰囲気を伝えたいと思います。

当ブログの独自性として、例えば○○というハウスメーカーに合っているといった(個人的な感想ですが)マッチングを考察できれば良いなと思っています。

第2回の記事はこれらについてまとめています。詳細を読みたい方はこちらをご参照ください。

リビング、寝室をリゾートホテル風に演出する簡単な方法リビング、寝室をリゾートホテル風に演出する簡単な方法

 

エントランス・ホール・中庭・廊下

3日目はエントランス・ホール・中庭・廊下などの居室以外のスペースについてご紹介したいと思っています。

ホテルライクな空間をリビング・寝室に限ってこだわるのは割と簡単ですが『頑張っちゃってる感』がでていませんか?

家全体を自然な感じでホテルライクに仕上げるにはやはり、居住スペース外にもこだわれると良いのかなと思っています。

エントランス

ホテルのエントランスは立派ですが、戸建てでも同じです。玄関は“家の顔”なので格好良く仕上げたいですよね。

タイル選びや花瓶台などのインテリアについて気づいた事を考察していくつもりです。

ホール

リゾートホテルの多くはエントランスと中庭が開放されていて、ホールは吹き抜けになっているなんて感じがあるかと思います。

戸建てではそうそう真似できない部分ですが、何か生かせるヒントがないか探してみます。

中庭

ホテルの中庭レベルなら家庭用の庭として再現可能な物もあると思います。

その辺を紹介できればと思っています。

廊下

廊下の無い家というのは今の主流かもしれませんが、廊下の魅力は見直されているのも事実です。

個人的な意見で恐縮ですが、ホテルライクな廊下に仕上げるにはコツがあると思っています。もしこのコツを守れないとホテルはホテルでもビジネスホテルの廊下なんて事になりかねませんよね?

そのコツについて文章化したいと考えています。

レストラン・ブティック

4日目はレストラン・ブティックをご紹介します。

レストラン

レストランは4種類あるのですが、子ども連れなので入れる場所が限られてしまいます(残念!)

テーブル・椅子・照明・床材についてご紹介したいと思います。

ブティック

ホテルのロゴ商品や菓子類を販売していることが多いホテルブティックですが、商品の写真は撮れないでしょうね。

ブティックの外観からディスプレイの雰囲気が伝われば良いかと思っています。

家づくりのヒントとしては商品の見せ方ですね。タオルの見せ方はサニタリールームの雰囲気づくりに、茶器などの見せ方はダイニングの雰囲気づくりに活かせると思いますので、その辺をお伝えしたいと思います。

プール・庭・植栽

5日目は戸建てで言うところの外構ですね。

プール

プール付きの戸建てなんて、アメリカンですよね?

ちなみにへーベルハウスではFREX RESIDENCEの実例集に載っているので再現可能なのだろうと予測されます。

あまり参考にならないかとおもいましたが、水を流す庭づくりには活かせる知見かと思いご紹介してみますね。


リゾートホテルには広大な庭がセットですよね?

注目したいのは、庭の一部分を切り取って玄関アプローチの外構に使えるかどうかですね。

植栽

植栽自体がホテルライク化と言われると難しいところですね。

どちらかというと観葉植物ですかね。

ですが、木の植えられている周囲の外構部分(土台)がホテルライクな雰囲気を演出しているなら、戸建てに取り入れる価値がありますよね?

そういった部分をご紹介してみます。

リゾートホテルに学ぶ家づくり|ハレクラニ沖縄の実例集のまとめ

なんともフワフワした記事になってしまい申し訳ありません。

あくまで予告編として、後日改めて再編・リライトしたバージョンをお楽しみにしていて下さい。

お読みいただきありがとうございました。

では、行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です