カッシーナ・マラルンガの使用感|インテリアフェアでソファを購入した話

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

 とうとう我が家のソファの話をすることになりましたね・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

 大幅な予算オーバーをすることになっても件のソファを購入するに至った経緯を公開しますね。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

 一般的なソファの選び方にも軽く触れますが、本記事はアブノーマルなご主人達の趣味を全面に出したソファ論が中心です。あらかじめご了承ください。

こんな人にオススメ!

☑ソファの選び方を知りたい

☑カッシーナのソファに興味がある

☑子育て世代でも良いソファを置きたい

リビングを使いやすくカスタマイズするために、最も大きな役割を担うのがソファです。価格もサイズも手軽に購入できるものではないので迷う方も多いと思います。

初めに我が家で選んだソファを公開し、どんなところに惹かれたか思う存分のろけたいと思います。

次に理想のソファを選ぶためのサイズの選び方3ポイントをシェアいたします。

のろけ・茶番の類不要という方は↓の目次からサイズの選び方まで飛んでください。

選んだのはCassina ixcのマラルンガ

” Cassina公式サイト”より引用転載

マラルンガが愛され続けているのには理由があります。
それはひとたびマラルンガを体験すれば『その座り心地が忘れられなくなる』と評されるその言葉に、すべてが表されていると言えるでしょう。『いつかはマラルンガ』とも言われるほどに愛されるソファ。
ぜひ実物に座って、ご体感ください。

” Cassina公式サイト”より引用転載

我が家のマラルンガ

我が家のマラルンガは以下のような使い方をされています。

  1. 常時カバー装着
  2. 子供のお気に入り
  3. ダウンフロアの主役

うーん、意味不明ですね、ひとつずつ解説していきます。

常時カバー装着のマラルンガ

【常時ソファーカバー装着のマラルンガ】
【真の姿を現したマラルンガ】
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

 はい、いきなり残念な写真ですみません・・・

 普段はイオンのソファカバーをかけていますw

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/08/memoruhiyoko-コピー-コピー-2-1.png
ヨムオ

 チョウジョが入居1週間で油性ペンのシミを作った時には、あきれ果てました。 

 それ以来、常時ソファーカバー着用です。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

 おかげで口の周りについた食事や歯磨き粉からガードしてくれています。

 ですが、もう少しカッコ良いソファーカバーが欲しいかも?

子供のお気に入りマラルンガ

我が家のソファはダウンフロアと相まって子どもの格好の遊び場です。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ちょうじょ-コピー.png
チョウジョ

 見てみてー

飛び込み前転するよー!!

【飛び込み前転の軌道】
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/09/ひよこ ちょうじょ-コピー.png
チョウジョ

 ほらほらー

後ろ回りするよー!!

【後ろ回りの軌道】
https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー-2-コピー.png
ヨムオ

 ひぃーやめてー!!

(コヤツめ、動画に撮ってやろうか!?)

このままいくと、いつかは破壊されそうなマラルンガ・・・

心なしか背面が少しへたれてきた気がしないでもないんですよね。

マジメに解説マラルンガ

そろそろ真面目に解説しようと思います。

【マラルンガ正面】
滅多にしないハイバック

マラルンガはハイバックとローバックを切り替えることができます。我が家ではソファーカバーをしているのでローバックでの使用がほとんどですが・・・

座面の奥行はハイバック時は60㎝、ローバック時は45㎝です。

ローバック時には背面に浅くもたれかかるように、ふんわりと腰回りを包み込んでくれます。

ハイバック時にはしっかりと奥に深く座る事で、腰回りの負担が軽減され長時間座っても腰が痛くなるという事はありません。

横になる場合はローバックでも充分ですが、ハイバックに変えることで軽い寝返りも打てるくらいのゆとりがあります。

【ダイニング側からの視点】
・テレビ台との距離240㎝

テレビ台の幅は150㎝なので49インチまでのテレビを置くことを想定しています。

49インチのテレビを置く場合は180㎝距離を置くのが基本なので余裕を持たせています。

いい加減テレビを置こうかとも思うんですが、無い生活も快適なんですよねぇ。

マラルンガの標準仕様

cassinaの公式サイトからスペックを引用しました。

<モデル標準仕様>
■ 本体=スティールフレーム内部構造・モールドポリウレタンフォーム・ポリエステルパッディング
■ 座クッション=ポリウレタンフォーム・ポリエステルパッディング
■ 脚端=グライド(ABS樹脂(ライトグレー/ベージュ/ブラック)/アメリカンウォールナット材(無垢))

ウォールナットの脚部は落ち着いた床材の色とマッチしますね。我が家は床もウォールナットなので相性が良いと感じます。逆にパイン系の明るい軽快なトーンとは(個人的には)少々相性が悪いかもと思います。

主な素材のポリウレタンフォームですが、もともと様々な硬さ・反発力に調整可能な素材です。マラルンガに使用されるのはしっかり腰のカタチに沈み込んで圧を分散させるタイプの座り心地で非常に快適です。インテリアフェアでもこの座り心地に惚れ込みました。

マラルンガの参考価格

サイズ(幅×奥行×高さ)
※高さはローバック時とハイバック時
床から座面
床からアーム
価格(¥)
1人掛けW970 × D895 × H730~1030SH465,
AH560
460,000~
2人掛けW1620 × D895 × H730~1030SH465,
AH560
720,000~
3人掛けW2350 × D895 × H730~1030SH465,
AH560
970,000~
3人掛
ワイド
W2720 × D895 × H730~1030SH465,
AH560
1,050,000~
オットマンW860 × D600 × H490SH465,
AH560
270,000~

2人掛けにしても国産ソファの相場の2倍以上の価格帯ですね。

さらに使用するソファ生地で値段が変わりますが、皮革だと表示の倍になると考えて良いと思います。

うちでは革製品なんてとてもとても綺麗に使えないので、布生地にしました。

ちなみに布生地にもランク分けがありました。

インテリアフェアでのソファのサイズの選び方

ソファの幅は間取り図に合わせて

3人掛け、2~2.5人掛け、1人掛け、カウチ・コーナーソファー、スツール・オットマンというように、ソファにはいくつか決まったサイズのカテゴリがあります。

まずはリビングの間取り図に合わせて①ダイニングやキッチンとの動線②テレビなど家電とのレイアウトを考えてみましょう。

せっかく気に入ったソファを購入してもイメージしていた配置ができないと後悔しか残りませんよね?

まぁ大手ハウスメーカーでインテリアコーディネーターさんがついてくれれば心配はほとんどないと思います。が、地元工務店やローコスト住宅メーカーなど、施主自身でインテリアを選ばなければいけない時は要注意ですね。

ソファの使用人数サイズ(幅)
4人掛けコーナーカウチソファ200㎝-
3人掛け(もしくは横になる)180ー200cm
2~2.5人掛け140ー180㎝
1人掛け60ー90㎝
スツール50ー80㎝

ソファの高さはライフスタイルに合わせて

ソファの高さはライフスタイルに合わせて決めましょう。

例えばラグを敷いたりローテーブルを置くようなリビングでは、ロータイプソファが良いですよね。

逆にスツールを使ったりサイドテーブルを使用する場合は、高さのあるソファの方が見栄えが良いかもしれません。

いずれにしてもソファの高さは部屋の開放感に影響してきますのでリビングの広さに応じて、ライフスタイルも決めていくと無理のない条件で選べるかと思います。

以下の表はソファの種類・高さ・適したスタイルの参考例です。絶対正解というわけではないですが、高さに合ったスタイルがザックリわかるかと思います。

ソファの種類サイズ(高さ)適したスタイル
ローソファ60㎝未満・ラグを敷いて床座スタイル
・ソファに寄りかかるスタイル
コンパクトソファ60-75㎝・床座もソファに座るのもあり
スタンダードソファ75-85㎝・ソファにしっかり座るスタイル
・ソファに寝転ぶスタイル
ハイバックソファ85㎝以上・ダウンフロア・吹き抜けのある家
・ソファにしっかり座るスタイル

ソファの座面は使用頻度に合わせて

ソファの奥行き≒座面の大きさは、ソファにどれくらいの頻度・時間でくつろぐかという使用の程度に合わせて考えると良いかと思います。

座り方は、奥行き≒座面が小さいほど浅くなり、大きいほど深くなります。

前述の高さとも関連しますが、座面が大きいほどゆったりくつろげるという事になるので、例えば

ソファの種類サイズ(奥行)使用頻度
コンパクトソファ75㎝未満・家事の合間の一休み
スタンダードソファ75-85㎝・家族団らん
ローソファ85-90㎝・家族団らん
・横になって一休み
ハイバックソファ90㎝以上・家族団らん
・仮眠も可

理想のソファの心地良さとは?

おそらくソファ選びで一番好みが分かれるのが心地良さだと思います。

座り心地・もたれ心地は座面・背面で使用している素材や構造によって変わります。文章で伝えきれるものではないですが、素材による硬さの違い、内部構造による弾力を段階的に示します。

ですが、結局のところ 『ソファの心地よさは座って比較しないとわからない』というのが、インテリアフェアから学んだ事ですね。

カッシーナ・マラルンガの使用感|インテリアフェアでソファを購入した話のまとめ

〇家具・インテリアフェアに関する以前の記事はこちら

インテリアフェアは本当にお得?へーベルハウスのインテリアフェア体験記子育て世代に優しいダイニングテーブルの選び方とは?|インテリアフェアで学んだこと

もう一度目次をみる?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

 お読みいただきありがとうございました。

 ソファについては奥が深いので、もう少し理想のソファについて語りたいと思っています。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー-2.png
カミサン

 ソファはホント難しいもんね。

 一生ものレベルのソファを買うときは、ぜひ参考にしてみてください。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

この記事をお読みくださった方は↓のバナーもクリックしてくださるとうれしいです。次回記事投稿のモチベーションにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です