へーベルハウスブログらしくこだわりポイントをweb内覧会Part.1リビング

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/memoruhiyoko-コピー.png
ヨムオ

どうも、旭化成からの新築内覧会の依頼がいつかいつかと待ち遠しいヨムオです。

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/bae-コピー.png
カミサン

CUBICなのに重量鉄骨1)CUBICの標準は軽量鉄骨2階建てです。だったり、特注ばかりだったり、芝生が生着してなかったり、営業さんが異動しちゃったりするから依頼が無いのかな??

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

原因があり過ぎてわかりませんね。

確かにご主人たちのおうちはアブノーマルですから、万人受けはしないかもしれませんが…

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/hiyoko-W-shock.jpg
2人

ガーーーーン!

(うちはアブノーマルで参考にならなかったの?)

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

勿論、家づくりの考え方はマトモですよ?あくまで標準仕様の設備が少ないという意味で…って放心状態で声が届いていませんね。

今回の記事はWEB内覧会リビング編です。

ご主人たちのこだわりが満載です、お楽しみくださいね。

へーベルハウスブログらしくこだわりポイントをweb内覧会|Part.1リビング編

我が家の間取りでもっとも紆余曲折の道のりをたどったのがリビングです。

当初の間取りを今見返すと90点でしたが、当時の僕たちは理想の家に関する思いが定まっていなかったため、ブレにブレてしまったんです。

最終の間取りはこんな感じになりました。

※住宅間取り設計の仕様上、細かな設定と特殊な窓・ドアについては表現できていませんが、おおむねこのような感じに仕上がっています。

住宅間取り設計にて作成

玄関ホール~リビングドアのこだわり

リビングドア

玄関ホールからリビングドアを見る
同場所から、玄関ドアの全開放時
  • 引き込み戸2枚分が大開口
  • ガラススリット入りリビングドアドア
  • 上吊り戸でレール溝のない部屋
  • 引き込み戸の正面はタイル壁

引き込み戸を2枚分が大開口

引き込み戸にすることで開き戸ではできない大開口を実現しています。

引き戸のメリットとしては、部屋同士の開放感と連続性を得られる点ですね。開き戸では壁とドアの間に遊びができてしまうので開放感が少々なくなります。

ガラススリット入りリビングドア

本当はリビングドアは全面透明ガラス張りが良かったのですが、開き戸タイプでしかできないとの事でした。スリット入りも充分オシャレですけどね。閉めていても開放感が損なわれない点が気に入っています。

上吊り戸でレール溝のない部屋

レール溝ってホコリがたまりやすいですよね?綿棒でごそごそホコリを取るのが面倒で嫌だったのです。

写真のように開口時にレール溝がないので視覚的にもスッキリ広々としていますよね。上吊りの引き戸は本当におススメのドアタイプです。

ちなみに…

我が家では引き戸・引き込み戸・引違い戸が多く、かつ上吊り戸にしています。通常の開き戸は子ども部屋と寝室のみ、引き戸で上吊り戸でないのは和室のみです。

上吊り戸は開放的な分だけ気密性が落ちますが、床暖房があるので冬の寒さはそれほど気になりませんでした。

上吊り戸は設計当初から考えていたものです。引き戸は壁との関係で間取り作成の初期から考えた方が良いそうです。開き戸から変更するのも手がかかることがあるようです。

引き込み戸の正面はタイル壁

ドアを開けてすぐリビングというのは落ち着かない気がしたので和室の壁をタイルで覆って一度視線を外すように設計しています。

このタイルはリビングの壁にも同じモノを使用しており、空間の連続性を意識したインテリアになっています。

リビングのこだわり

リビングドアを開けて…
ソファーに座り和室方向を眺める
さらに斜め左後ろからリビング・和室の眺望

間取り

  • ダウンフロアで天井高
  • 壁沿い96㎝のリビング廊下

ダウンフロアで天井高

一般の住宅メーカーと比べて、へーベルハウスの天井は低めの240㎝だそうです。

以前の住居が平屋の戸建だったので、何となく低いことに閉塞感がありました。

なので当初は吹き抜けを設計してもらいましたが、最終的にダウンフロアリビングとなりました。

家にはルンバを購入するつもりだったので、すべての床を同時に掃除できないのは残念だと感じていました。

実際はルンバの掃除の邪魔をすることなくダウンフロアリビングでくつろげるので結果オーライでしたが 2)ルンバが動くとホームセキュリティが感知してしまうため、留守中に掃除を任せるという事が出来ません

壁沿い96㎝のリビング廊下

生活動線を回遊型にしたかったのでダウンフロアは8畳程度に抑え、96㎝のリビング通路と洗面所‐廊下の2方向から玄関とLDKの行き来が出来るようになっています。

大人がストレスなくすれ違える90㎝という通路幅は回遊型の間取りで失敗しないために必須の知識ですので覚えておいて損はないはずです。

いまのところ来客からのプライバシー保護というよりは、下の子に内緒で外出する際に見つからないように利用されていますがw

設備

  • エアコンは天カセ2方向3)天井カセット付きエアコンの略。一般的な壁掛けタイプのエアコンに比べて室内の温度にムラができにくい。
  • 床暖房
  • 電動シャッター
  • ピクチャーウインドウ

エアコンは天カセ2方向

いくら開放的なリビングが好きと言っても寒くては本末転倒ですので暖房はしかり入れました。

天カセエアコンは広さ的には要らなかったかもしれません。窓が大きく壁が少ない間取りなので、壁掛けエアコンの位置がリビングからずれて不安だったので天カセエアコンを採用しました。

床暖房

2月末から入居していて床暖房はそれほど使用しませんでした。ダウンフロア下は断熱材がないのですが、エアコンの効果で床まで暖まりました。

もしかしたらオーバースペックになってしまったのかも?令和の冬がどうなるか、こうご期待!

電動シャッター

これは本当にオススメで付けて良かった設備No.1かもしれません。

電動なのでお手軽、防犯効果、窓の保護、断熱効果、防音効果などなど、とても重宝しています。

いずれ専用の記事を書きたいくらい役立っているのでお待ちください。

電動シャッターが役立ちすぎて、今のところカーテン類はまったく活躍していませんが。

電動シャッターのメリットと感想|価格以上の価値にオススメしかできない電動シャッターのメリットと感想|価格以上の価値にオススメしかできない

ピクチャーウインドウ

へーベルハウスのピクチャーウインドウはシンプルですが大迫力の存在感でダウンフロアに負けないアクセントをリビングにもたらしてくれています。

ダウンフロアのステップに腰かけてコーヒーを片手に大窓から見える通りを眺める、なかなか贅沢な時間だと思います。

デメリットは普通のカーテンが似合わないという点でしょうか。

インテリア

  • 照明
  • アドバンスフローリング
  • バーティカルブラインド
  • カリモクのテレビ台

照明

6基のダウンライトで特に不都合はありません。

モダンなシャンデリアを吊るそうかと考えて差込口は用意しています。

ですが、スッキリした見栄えのダウンフロアが気に入っているので、このまま何もつけないかもしれません。

我が家は直線のリビング階段なので、階段下には割とスペースがあります。ピアノを置いています。階段下を作業スペースとして使用される場合には必ず照明を設置しましょう。

アドバンスフローリング

【理想の家10か条 】 の第4条「メンテナンスしやすい」に準じて床板はアドバンスフローリングというプリントされた板です。見た目に変な違和感はなく、ワックスがけ不要な点が気に入っています。

無垢材を使用した場合、寒暖の差で木が膨張と収縮を繰り返します。冬はつなぎ目の間にホコリやゴミがはまりこむので採用されませんでした。

バーティカルブラインド

電動シャッターが優秀すぎて、まだ活躍していないのですが、電動バーティカルブラインドを採用しています。

リビング・ダイニングにリゾート感を加えてくれる視覚的効果を期待して設置しました。

また、ピクチャーウインドウに負けない存在感をもったカーテン類はバーティカルブラインド以外に探すのも難しいかなと思います。

今後どうなるか期待の設備です。

カリモクのテレビ台

へーベルハウスのインテリアフェアで見たカリモクのテレビ台です。

幅1794㎜のテレビ台で50インチのテレビ用に購入しました。高さが1㎝刻みで46㎝から70㎝までオーダーメイドできるのでリビングの形にあわせて購入できます。

また、扉が閉まった状態でもリモコン操作できるのも気の利いたデザインです。

カラーは10色から選べるので我が家は床の色と同じウォールナット4)ネット掲載されていないカラーもあるようです。で統一感をだしました。

ですが、まだ肝心のテレビを購入しておりません。

子どもたちもテレビの無い生活に慣れてきているのでリビングにはこのままテレビを置かないかも?

へーベルハウスブログらしくこだわりポイントをweb内覧会|Part.1リビング編のまとめ

2019年着工件数4位のへーベルハウス、それなのにへーベルハウスブロガーが少ないためなかなかweb内覧会を探すのは大変ですよね?

以下はブログ村のへーベルハウス関連記事リンク記事です。

家づくり打ち合わせの前にお読みください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ヘーベルで建てる家

Web内覧会*ヘーベルハウス

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

WEB内覧会はいかがでしたでしょうか?

ご主人のおうちのは家づくりの先輩たちの失敗談を参考に計画したものです。

そういう意味でも間取りの工夫点をぜひ参考にしてみてください。

そうですよね、ご主人?

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/05/hiyoko-W-shock.jpg
2人

・・・・・・・・・・・・・・・・

https://yomuotoko2.me/wp-content/uploads/2019/06/img_4819-1-e1561246412687.jpg
るんばー

まだ戻ってこないようですね。

お読みいただきありがとうございました。

当ブログは住まいのブログランキングに参加しています。

読んでくださったしるしに、ワタシのおでこのボタンをクリックしていただけると新たな原稿のネタが湧き出てきます。


References   [ + ]

1.CUBICの標準は軽量鉄骨2階建てです。
2.ルンバが動くとホームセキュリティが感知してしまうため、留守中に掃除を任せるという事が出来ません
3.天井カセット付きエアコンの略。一般的な壁掛けタイプのエアコンに比べて室内の温度にムラができにくい。
4.ネット掲載されていないカラーもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です